l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 実は種類があった!まとまりにくい髪をパターン別大解析!


実は種類があった!まとまりにくい髪をパターン別大解析!

穏やかな春が過ぎるとやってくるのが梅雨の季節・・。。湿気もひどくなり髪の悩みが増えてきますよね。髪の毛には種類がいくつかあります。 今回は、髪のパターン別に特徴と改善方法をまとめてご紹介♪ 「髪は女の命」と言われているくらい大切なもの。しっかりケアして守ってあげましょう!

日本人の7割はクセ毛!?

クセ毛の程度は様々ですが、日本人の7割ほどの人がクセ毛だといわれています。クセ毛の人の多くが、ボリュームが出すぎてしまい思うように髪がまとまらないという悩みです。クセ毛の大きな原因は「毛根」にあります。頭皮に対して毛根が曲がっていると髪の毛も曲がり、ねじれたりウェーブがかって伸びてくるのです。また、クセ毛は遺伝的な要素もとても強いです。親のどちらか一方でもクセ毛だと、その子供もクセ毛になる確率は高いです!

・アミノ酸配合のシャンプーを使ってみよう

キューティクルの補正をサポートし、髪内部に空気中の水分が入らないようにブロックしてくれます。なので髪が湿気を吸って膨張してしまうのを防ぐことができます。

・定番!「ケラスターゼシリーズ」

定番シリーズで人気です。クセ毛をまとまりやすくなめらかなにしてくれます。お出かけ前のスタイリングにもオススメです!クセが出にくい髪の土台をつくります。

キューティクルがダメージ大!?~細毛~

しっかりスタイリングをしてもボリュームが出ず、ぺたんこになってしまうことに悩みを抱えている人も多いです。また、細くて絡まりやすく毛先がパサつきやすいのも特徴です。しかしみなさん!髪の毛が細いから絡まってしまうわけじゃないのです!!原因はズバリ「キューティクルのダメージ」です。髪の表面にあるキューティクルが細髪の人は痛みやすいのです。毎日のケアがとても大切です。

・トリートメントを取り入れよう

一般的なヘアケアは、シャンプーとリンスをして完了ですが、細毛の人の場合はトリートメントを取り入れるのがとても効果的です。リンスは、髪の表面にだけ働きかけるっものです。一方、トリートメントは髪の奥まで浸透していきます。髪の毛の栄養となる成分も配合させています。

太い!硬い!重い!~剛毛~

とにかく毛が太く硬くてまとまらない!クセがあることも多く、パサついたり広がりやすいのも剛毛の特徴です。髪が太いと「髪の毛内部の空洞」が大きく、髪の潤いや保湿成分まで流れ出やすくなります。ヘアカラーを繰り返すうちに髪色が抜けやすくなったなと感じたことはありませんか?その原因は、髪がダメージを受けたことによって、毛髪内部の空洞が増えてしまった証拠なのです!剛毛の人は、髪の毛がしっかりしていて太めなので元々の空洞が大きい為、痛みやすく広がりやすいのです。そのため、内側からしっかり保湿ケアをしてあげることが大切です!!

・モロッカンオイルで集中ケア

とにかく効果抜群なのがこのオイル!
1度使うと手放せません!!
髪の内側からしっかり保湿してくれます。

ダメージケアにもとってもオススメです♪
使うほどに髪はうるおい、まとまりやすくなります。
ツヤツヤの髪へと導いてくれます。

・カットで毛量を調節しよう

髪の密集度が高いためどうしても重たい印象に。カットで髪の質感は変えられませんが柔らかそうな質感に見せることはできるのです♪すきバサミやスライドカットで毛量を調節して、毛束感を作って柔らかい印象に見せます。美容師さんに相談してみてくださいね♪自分の悩みに合ったシャンプーやケアアイテムをしっかり選びましょう!毎日コツコツがとっても大切です♪誰もが羨む、まとまりのあるサラサラヘアを手に入れちゃいましょう

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★