l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? ウォーキングシューズの選び方


ウォーキングシューズの選び方

ウォーキングで健康づくりに励む人は少なくない。

足への負担を減らすために靴選びは重要だ。

日本靴医学会理事で、うさみ整形外科(東京都調布市)院長の宇佐見則夫さんは「履いた時に靴の中で足が前後左右に動かないものを選んでほしい」と助言する。

 足の指が自由に動かせることも大切だ。

まず、靴のかかとの部分に足を合わせて靴を履く。

立った状態で足の指を開いたり閉じたりし、指が靴の先の方に当たらないかどうか確かめる。

足全体をしっかり固定できるよう、ひも靴が望ましい。

 靴を手に取り、靴底を上にして軽く曲げ、中央部分でぐにゃっと曲がらないかどうか確かめる。

体重を受けるクッションの役割をしている「足底腱膜(そくていけんまく)」という組織を守るためだ。

足首を固定できるよう、靴の後ろの部分に十分な硬さがあるものを選ぶ。

 少し歩いてみて、違和感がないかどうか、チェックする。

足への負担を減らすには歩き方にも気をつける。

宇佐見さんは「かかとから地面に着地し、足の指の付け根でしっかり蹴ることが大事」と話している。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★