l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【ベストセラー健康法】クッションで背中のツボ押し「腸」快調! 揉んだように動きが活性化


【ベストセラー健康法】クッションで背中のツボ押し「腸」快調! 揉んだように動きが活性化

地球上に生命体が誕生し、一番最初に完成した臓器は「腸」だといわれている。心臓や脳よりも歴史のある腸は、当然ながら全身の臓器と密接な関連を持っている。そんな腸をマッサージすると、どんなメリットが得られるのか-。

 便秘、下痢、肥満、肌のかさつき、冷え、多汗、肩こり、だるさ…。現代人なら誰もが一つ二つ抱えている悩みではあるが、これらの諸症状の原因の一つに「腸の不調」があることを知っている人は少ない。

食べた物をおなかの中で消化吸収することが役割のはずの腸が、こうした身近な症状を引き起こす原因となっているケースは、じつは珍しいことではないのだ。

 言い換えれば、腸の状態を正しく整えれば、これらの諸症状を改善することも可能だ。でも、腸の状態なんて、どうやって整えればいいのだろう。

 「ツボを押せばいいのです。背中にあるツボを刺激することで、まるで腸を揉(も)んだかのように働きが活性化し、体全体の調子を整えることができます」と語るのは目白鍼灸(しんきゅう)院院長で鍼灸師の柳本真弓氏。

最近発売された『背中のツボ押しで腸を整える 腸もみクッションダイエット』(光文社刊)の著者だ。

 本書によると、背中には腸を整えるツボが数多くあり、いずれも背骨を中心に「左右対称」に存在している。

これらのツボを押して刺激を与えることで、冒頭に挙げたつらい症状から解放されるのであればぜひ試したいところだが、素人にはなかなか難しい。

 そこで本書にはすてきな付録がある。「特製腸もみクッション」だ。H字型のクッションに2つの突起が付いたこのクッションを、背中と椅子の背もたれの間に挟んで座るだけで、ツボが刺激されて指圧効果が得られるのだ。

一つのツボに最大5分。クッションの位置を少しずつずらしていくことで、より多くのツボを刺激することができ、総合的に腸の状態を改善することが可能だ。

 「ツボ押し初心者の方にも使いやすいよう、クッションについた2つの突起はやや大きめにしました。

ツボを確実にとらえ適度な刺激を与えてくれます」と語るのは、編集を担当した光文社ノンフィクション編集部の藤あすかさん。

 クッションは空気を入れて膨らませるタイプなので、どこにでも持って行ける。

会社でのデスクワークで疲れたときにこれを使うと、気持ちいいだけでなく、いかに背中や肩に疲れがたまっていたかがよくわかる。

 また、出張や帰省などの時に飛行機や新幹線の中で使えば、移動の時間をラクに、しかも腸のために有効利用することができて一石二鳥というわけだ。

 何よりこれを背中に挟んで座ると、自然に背筋がピンと伸び、姿勢がよくなることが自覚できる。

老眼でパソコンに向かうとどうしても猫背になりがちだが、そんなお父さんにこそ、最適のお助けグッズなのだ。

 本書には、詳細なツボの位置と、それぞれを刺激することで得られる指圧効果が豊富な写真とイラスト付きで紹介されている。目で読み、背中で感じながら、腸を整える健康法-。試してみる価値はありそうだ。 

 ■腸を整えることで得られる効果
(1)ニキビや吹き出物ができにくくなる
(2)肩や首のこり、腰痛の解消
(3)ガスがたまりにくくなる
(4)ぽっこりお腹がスッキリする
(5)便秘や下痢が解消する
(6)背中のラインがスッキリする
(7)スタイルがよく見えるようになる
(8)たるみやむくみが取れる

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★