あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【ベストセラー健康法】認知症、糖尿病予防への一歩 生活習慣病に効く「速歩き20分」
1

【ベストセラー健康法】認知症、糖尿病予防への一歩 生活習慣病に効く「速歩き20分」

 歩くことが健康にいいことは誰でも知っている。「最寄り駅のひと駅手前で降りて歩きましょう」は、生活習慣病予防を訴える医師の常套(じょうとう)句だ。

でも、「ひと駅」といっても、都心と郊外では距離も違うし、歩く速度だって人それぞれ-。そんな疑問を持つ人はこれを読むべし、だ。

 1日平均8000歩を歩いて、その中に「速歩きで20分」が含まれていれば、認知症、心筋梗塞、糖尿病などの病気を予防することができる-という本が出た。この歩き方で予防できるのはそれだけではない。

がん、脳卒中、動脈硬化、骨粗鬆(こつそしょう)症、高血圧症、認知症など、高齢化が進む日本において、誰もが不安に思う病気が網羅されているのだ。

 そんな画期的な知識を与えてくれるのが、『あらゆる病気を防ぐ「一日8000歩・速歩き20分」健康法』(草思社刊)という1冊。著者は医学博士で東京都健康長寿医療センター研究所老化制御研究チーム副部長を務める青●(=木へんに却の去がタ)幸利氏だ。

 「1日8000歩」「速歩きで20分」という具体的な数字が示されたことはありがたい。従来の「ひと駅分」よりも信憑(しんぴょう)性があって取り組みやすいのだが、その根拠は何なのか。

 これは著者が自身の故郷である群馬県中之条の65歳以上の住民500人を対象に行った調査結果に基づく数字だ。調査対象者に「身体活動計」という、

ポケットに入れておくだけで歩数と速歩きをした時間が記録できる機器を持ってもらい、十数年にわたって追跡調査した結果、弾き出された統計なのだ。

対象とする病気や具体的な目標歩数は別掲の通りだが、1日平均8000歩、そのうち「速歩き」が20分以上あれば、あらゆる生活習慣病の予防効果が得られると著者はいうのだ。

 職業にもよるが、「1日8000歩」という目標は決して達成困難な数字ではない。ただ、現状の歩数が極端に少ない人が、突然ここまで歩数を増やすこともまた現実的ではない。あらゆる健康法に共通することだが、「長続き」しなければ意味がないのだ。

 この点について著者は救いの手を差し伸べる。それは「現状プラス2000歩」を当面の目標にする-ということだ。

これまで1日平均の歩数が2000歩だった人が、いきなり8000歩まで増やすと、それが原因でケガをしたり、疲労をためてしまう危険性もある。

そこで、とりあえず2000歩を増やして体を慣らし、2カ月ほど様子を見てからまた2000歩増やす-という、段階的な調整で目標の歩数に近づけていけばいいというのだ。

 しかも、「疲れを感じたときは無理をせず、一時的に歩数を減らしてもいい」という親切さ。これならモノグサなお父さんにもできるはずだ。

 「速歩き」になれておくことは、日常生活の面でも役立つと著者は言う。本書によると、多くは80歳を超えると、あるいは体力が低下していると70代でも、1回の青信号の間に横断歩道を渡り切れなくなる可能性が高まるというのだ。

 「1日8000歩、速歩き20分」は、根拠はあるけれど無理のない病気予防法。健康長寿を本気で目指すなら、知っておきたい目標値なのだ。 (竹中秀二)

■青●(=木へんに却の去がタ)式・疾患別「予防歩き方」の目安
・鬱病予防 4000歩、速歩き5分
・認知症予防 5000歩、速歩き7.5分
・心筋梗塞、脳卒中予防 5000歩、速歩き7.5分
・骨粗鬆症予防 7000歩、速歩き15分
・高血圧症、糖尿病予防 8000歩、速歩き20分

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】