あなたの健康はお金で買えますか・・・? のめり込みすぎてない?主婦にも見られるギャンブル依存症とは?

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

のめり込みすぎてない?主婦にも見られるギャンブル依存症とは? 

   

政府が2020年の東京オリンピックまでに横浜・大阪にカジノを作る方針を固めたことが報道されていますが、一方では「ギャンブル依存症」を懸念する声もあるようです。

自分の意志でギャンブルをやめることができず、経済的な破綻や人間関係の悪化を招く「ギャンブル依存症」とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

◆主婦にも見られるギャンブル依存
競馬、競輪、競艇からパチンコやパチスロまで、日本で行われているギャンブルにもさまざまな種類があります。

ギャンブルといえばかつては「男性がやるもの」というイメージが強かったようですが、近年ではパチンコ・パチスロ店が女性でも入りやすいイメージになったことなどから、主婦がギャンブルに大金をつぎ込み、

夫に黙って莫大な借金を作ったり、子どもの学費までギャンブル代にあててしまうような事例も見られ、社会問題にもなっています。

◆ギャンブル依存症は心の病気?
このようにギャンブルに異常にのめりこんでしまう原因は、かつては「意志の弱さ」や「性格の問題」にあるとされてきましたが、近年ではギャンブル依存症=「心の病気」であるという認識が広まっているようです。

これは、ギャンブル依存症になると脳の機能が低下し、自分の意志でギャンブルをやめることができなくなるのが主な理由とされています。

そのため、現在ではギャンブル依存症の専門外来を設けるなど、その治療に力を入れている病院も各地に存在するようです。

◆ギャンブル依存症のパターン
ギャンブル依存症は常に借金など金銭の問題がつきまとうため、「家族をもっとも苦しめる依存症」ともいわれています。また、他の多くの依存症とおなじようにギャンブル依存症にも下記のような特徴があるようです。

 ・自分の意志で行動を制御できない(ギャンブルをやめられない)
 ・ギャンブルをしないと離脱症状が出る(イライラ、不眠、不安など)
 ・耐性ができる(ギャンブルをする回数が増え、使う金額が大きくなる)
 ・ギャンブル以外のことへの関心が薄くなる(子どもの学費や生活費など)
 ・ギャンブルが原因で生活苦になったり、借金が増えたりしているのがわかっているのに、ギャンブルをしてしまう

上記のような症状に気づいたら、各地に設けられている相談窓口への連絡やGA(ギャンブラーズ・アノニマス、ギャンブル依存症患者による自助グループ)への参加などが必要かもしれません。

ただし、これも他の多くの依存症と同様に、本人は「自分が依存症と認めたがらない」傾向があるため、周囲の気づきとサポートが重要になることを理解しておきましょう。

パチンコ依存相談窓口 http://rsn-sakura.jp/
GA日本インフォメーションセンター http://www.gajapan.jp/index.html

関連記事




2
( 2017/05/08 16:48 ) Category ■薬物依存症・ギャンブル依存症・パーソナリティ障害 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ