あなたの健康はお金で買えますか・・・? 増加している「愛犬の熱中症」!予防に有効な3つのポイントとは

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

増加している「愛犬の熱中症」!予防に有効な3つのポイントとは 

   

気をつけたい“熱中症”ですが、人間だけでなく犬も熱中症になることを忘れてはいけません。

犬の熱中症の症状には、頭がフラフラしてよだれをたらしたり、口を大きくあけてハアハアと苦しそうな呼吸になったりすることがあげられます。さらに悪化すると、失神やけいれん、チアノーゼを発症したり、死に至る危険もあります。

言葉の話せない愛犬のために、夏の間は飼い主としてしっかりと熱中症対策をとってあげるようにしてくださいね。

今回の記事では、愛玩動物飼養管理士である筆者が、愛犬の熱中症対策についてご紹介します。

■1:温度を適温に保ってあげる

愛犬を暑い車内や閉めきった室内などで留守番させるのは、絶対にNGです。

とはいえ、私たちは愛犬を置いて出かけなくてはいけない用事が多々ありますよね。そんな時は、気温の高い日中は車で一緒に出かけない、自宅で留守番させるときはエアコンをかけたままにする、などの工夫をして愛犬の熱中症対策を意識してください。

日差しの強い場所も熱中症の危険があるので、カーテンを閉めて出かけるといった心がけも大切です。

■2:散歩に出かける時間帯に気をつける

気温が高い夏の散歩は、時間帯に注意してください。真夏のアスファルトは驚くほど高温になっています。犬は人間に比べてアスファルトに近い位置で歩くこともあり、照り返しの影響をとても強く受けます。散歩は早朝や、夕方以降にするのがオススメです。

ただ、夕方早い時間だと、まだアスファルトが完全に冷えておらず、弱ったわんちゃんだとそれだけで熱中症になる危険性もあるので、散歩の前には愛犬の体調にも留意してあげてくださいね。

■3:いつもより意識して、こまめに水を飲ませる

人間の熱中症対策と同じで、愛犬にも水分をたくさん与えましょう。散歩のときも、途中で水を飲ませてあげるようにしてくださいね。筆者は、愛犬用の小さな容器を持ち歩き、散歩の途中で一緒に水分補給をしています。

以上、愛犬を熱中症から守るポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

犬の体内温度の調節は、人間と違ってその大部分を呼吸に頼っています。そのため、急激な温度変化に対応しにくいので、熱中症予防には飼い主が率先して気をつけてあげなくてはなりません。

愛犬の様子が少しでも「おかしいかな?」と感じたら、あまり長く様子見をせずに、すぐにかかりつけの獣医さんを受診するようにしてくださいね。

関連記事




2
( 2017/05/10 04:56 ) Category ■ペット・動物など・依存症 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ