l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 濡らしておいた方がいい!?デリケートゾーンの保湿方法


濡らしておいた方がいい!?デリケートゾーンの保湿方法

■角質層が薄く、乾燥しやすいデリケートゾーン

顔の皮膚よりも薄く入り組んだ形になっているデリケートゾーンは、摩擦によって黒ずみなどが起こりやすい部分です。

角質層が薄いということは、それだけ水分を保持する力が弱いということ。

角質層の一つひとつがふっくらと潤っていれば外部からの刺激を受けにくいのですが、乾燥すると角質層が乱れて刺激物質が通りやすくなり、肌は敏感に反応してしまいます。

最近はクリニックなどでもアンダーヘアの脱毛をする女性が増えてきていますが、脱毛後は保湿ケアが重要なため、保湿クリームを処方されます。

自宅で脱毛や除毛をする際にも、お手入れ後は肌が敏感になっているため、特に保湿が重要です。

■ワセリンや専用保湿剤でケア

では、デリケートゾーンの保湿はどのように行えばいいのでしょうか。
保湿をする前に、まずきちんとデリケートゾーンを洗って清潔な状態にします。

洗う際はボディ用の石けんではなく、ぬるま湯のみ、もしくは弱酸性のデリケートゾーン専用ソープを使います。

非常に敏感な部分なので、弱アルカリ性などのボディ用の石けんでは刺激が強すぎる心配があるほか、本来必要な常在菌(デリケートゾーンを健康に保つために必要な良い菌)まで洗いすぎてしまう可能性があります。

指の腹を使ってやさしく洗い、石けん成分が残らないように、よくすすぎましょう。

最近は日本でも少しずつ専用コスメが販売されるようになってきました。
フィトセラピー(植物療法)やアロマテラピーを取り入れたアイテムが多く、肌へのやさしさや香りを追求したものが多く見られます。

デリケートゾーン専用化粧水を染み込ませたコットン、保湿とデリケートゾーンの黒ずみケアを目的としたクリーム、デリケートゾーン専用の洗い流すタイプのパックなど、様々なタイプがあるので自分の目的や使いやすさを考えて選ぶようにしましょう。

特に保湿を心がけたいのは、加齢によって乾燥しやすくなっている方や乾燥しやすい方です。
例えば顔が乾燥しやすい方は、他の部分も同様に乾きがちです。

また、強い紫外線を浴びた後や脱毛後の肌は非常にデリケートになっているので、きちんと保湿して、潤いで肌を守ってあげましょう。

皮膚科では、脱毛後のケアにワセリンを使って肌を保護することがあります。ワセリンは赤ちゃんから大人まで使え、身体の様々な部位の乾燥対策に使えるので、ひとつ持っていると便利です。

関連記事
月額890円・独自SSL証明書0円
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★