あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【知りたくもない!?カラダの不思議】スケベと毛髪の関係 男性ホルモンの影響は?
1

【知りたくもない!?カラダの不思議】スケベと毛髪の関係 男性ホルモンの影響は?

「髪、伸びるの早いよね~。スケベだからじゃない?」。学生時代にこんなフレーズで友人などに、からかわれた経験がある男性って、結構いるのではないだろうか。

 時代が変わっても、いまだにずっとネタにされ続ける「スケベは髪が伸びやすい」説。そんなバカなことあるか…と思いつつも、性欲と髪の関係って、ちょっと気になる。逆に「薄毛の男性は男性ホルモンが強い」なんて聞くこともあるし。

 実際、毛髪と性欲・男性ホルモンの関係には、何かあるのだろうか。薄毛・育毛専門治療を行う「銀座HSクリニック」の北嶋渉院長に聞いた。

 「『スケベは髪が伸びやすい』ということについては、特に科学的な根拠はないので、思い込みや俗説のひとつであると思います」

 やっぱりそうか…。

 「しかし、この説に根拠をつけるとするなら、『スケベな男性→男性ホルモンのテストステロンが多く出ている→同時に成長ホルモンも多く出る→髪が伸びるのが早い』ということが言えるかもしれません」

 また「男性ホルモンが強いとハゲる」という説については、こんな分析をしてくれた。

 「薄毛(AGA)の原因として、男性ホルモンであるテストステロンが、毛根部にある『5αリダクターゼII型』という酵素の働きによって、『ジヒドロテストステロン(DHT)』という活性型のホルモンに変換され、このDHTが髪の毛の発毛や成長を遅らせたり、ストップさせたりするのです」

 つまり、「男性ホルモンが多くても、リダクターゼの働きが悪ければハゲにくい」わけで、「男性ホルモンが少なくてもリダクターゼの働きが良ければハゲやすい」と言えるそう。

 「薄毛はDHTという活性型の男性ホルモンが原因であることに間違いはないのですが、男性ホルモンの量にハゲは関係ありません」

 ちなみに、栄養状態が悪かったり、不規則な生活をしていたりすると、毛の伸びるスピードに影響する「毛母細胞」の分裂速度が遅くなるということは考えられるようだ。

 規則正しい健康な生活は、髪のためにも重要なのだ。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】