l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【知りたくもない!?カラダの不思議】「鼻水」と「鼻づまり」の違いは?


【知りたくもない!?カラダの不思議】「鼻水」と「鼻づまり」の違いは?

ダラダラ垂れる「鼻水」と、何も出ずに息がしづらくて困る「鼻づまり」。

 鼻炎治療用の市販薬には大抵「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」とまとめて書かれているが、「鼻水」と「鼻づまり」とは、言ってみれば「溢水」と「渇水」くらい違う気がする。そもそもの原因はどう違うのか。

 もしかして、ダラダラ垂れる「鼻水」の時期を経て、「鼻づまり」に至るという順番的な違いなのか。都内の耳鼻科医に聞いた。

 「鼻水も鼻づまりも、ともに『防御反応』です。鼻にウイルスなどの異物が入った場合、それを外に洗い流して出そうとすることで、『鼻水』が出ます。一方、『鼻づまり』は、それ以上ウイルスなどの異物が入らないように鼻腔内を狭くするため、鼻粘膜の血管が拡張し、鼻が腫れた状態となることです」

 「鼻水」は「流れるものを止めること」が必要で、「鼻づまり」は「詰まっているものを通すこと」が必要だ。これらは全く逆のことに思えるのだが…。

 「鼻水には基本的に抗アレルギー剤と抗ヒスタミン剤を使いますが、鼻づまりには血管収縮剤を使うのが一般的です」

 では、市販薬の場合の使い分けは? 製薬会社に聞いた。

 「市販薬の場合、鼻水、鼻づまり、どちらでも、どのタイミングでも問題なくお使いいただけるようになっています。ただし鼻が詰まる場合には、内服薬より、シュッシュッとスプレーする点鼻薬のほうが即効性はあるといい、使い分ける方もいらっしゃいます。

また、点鼻薬は内服薬に比べ、眠気が出にくいことから、日中は点鼻薬を使用するなどの使い分けもあるようです」

 鼻づまりの場合は、鼻の粘膜が充血してしまっているので、血管を収縮させる「塩酸プソイドエフェドリン」などが使われることが多い。鼻水の場合は、炎症をやわらげるため、クロルフェニラミン酸塩などが使われることが多いそう。

 ただし、いずれも長期服用すると、副作用などの危険性もあるので、長引く際には耳鼻科医を受診したほうが無難なようだ。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★