あなたの健康はお金で買えますか・・・?

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

 

   

かれこれ30年以上、その美貌と歌声で世界をリードし続けるマドンナ。彼女は「マクロビオティック」を実践しています。あるブロガーが、その食生活をまねしてみたレポートです。

マドンナの専属シェフが日本人女性だってご存じですか?彼女、西邨(にしむら)マユミさんは、世界で活躍するマクロビオティクスの研究家・指導者です。その著書『Mayumi’s Kitchen』の前書きにはマドンナの言葉も寄せられ、世界中で人気のマクロビの教科書になっています。

マクロビって結局どういうことなの?という方も多いかもしれません。諸説あるようですが、基本的には「第二次世界大戦前後に日本で提唱された玄米と菜食中心の健康的な食事、長寿法」とされています。

つまり、日本の伝統的な菜食生活を世界に紹介したもので、今日までさまざまにアレンジされて広まってきました。マドンナは厳格なマクロビを実践しているそうで、肉、魚はもとより卵、乳製品も食べません。逆に海藻などを積極的に取り入れているそうです。

今回、マユミさんの紹介する「10日間ダイエット」を実践したのは、さまざまなダイエットを試してきた人気ブロガー。マドンナのトレーナーが作ったエクササイズDVDも購入して準備は万全です。さて、その結果やいかに?

●10日間ダイエット
Day1 みそ汁と玄米の朝食。おいしくて腹もちが良く、お昼を抜いてしまいました!しかし、夕食の「雑穀と海藻のスープ」がイマイチで、ランチ抜きを後悔。

Day2 たっぷりのスチーム野菜とリンゴの朝食。これはすぐにおなかがすいて辛い。

Day3 DVD「Addicted to sweat(もっと汗かきたい!)」を使ってエクササイズ。夕食に「豆腐のタルタル」を。

Day4 「コーンの梅肉和え」。甘いものを食べていなかったので、非常においしく感じる。

Days5、6 マドンナも若いころは好きなものを食べていたらしい。それらを全部やめて豆腐タルタルのような食生活に変えたのには、どれだけの苦痛が伴ったことか・・・と思案。

Day7 マクロビレストランで外食。いつになく食べるので、同席した友人に「飢えてるね」と驚かれる。

Day8 友人たちを招いてマクロビパーティー。「テンペ(大豆で作った疑似肉)の甘酢」、アーモンドを散らした玄米を差し置いて、スーパーで買ったザワークラウト(ドイツの発酵キャベツ)が一番人気。

Days9、10 ソファーの中で眠っていたDVDにもう一度だけ挑戦。きつい。最後の食事は「キヌア(雑穀の一種)と豆腐チーズ(豆腐とみそを混ぜて3日寝かせたもの)のサラダ」。トッピングの豆腐の代わりに・・・フライドチキンを乗せておいしく頂きましたとさ。

特別おいしいわけでも、特別楽しいわけでもない「マドンナダイエット」。この食生活を実践しているマドンナは、やっぱり世界のスーパースターなのだ、と実感する10日間になったようです。

関連記事




2
( 2017/05/13 16:37 ) Category ■ダイエット・ 肥満・メタボ・摂食障害・味覚障害 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ