l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? アナタはどんな出産がしたい?世界の7の出産法「催眠出産」「水中出産」


アナタはどんな出産がしたい?世界の7の出産法「催眠出産」「水中出産」

赤ちゃんは毎日のように、この世に生を受けています。世界には、ニーズや夫婦の願いに合わせた出産法が数多く存在しているのです。アナタならどれを選びますか?

●自然分娩(ぶんべん)
赤ちゃんと一緒に痛みを分かち合って頑張りたい、という妊婦に根強い人気の自然分娩(ぶんべん)。痛みがある分、感動も倍増!

●無痛分娩
現代の医療では「痛み」を自分に合うように調節することが可能に。出産中に「やっぱり辛い」と思って無痛に切り替えるも良し、事前にお願いしておくのも良し。無痛分娩にもさまざまな方法とレベルがあるようなので、お医者さんと相談してみると良いかも。

●帝王切開
今までは、子宮口からの出産が困難であると医師が判断した際に帝王切開を行う、というのが自然な流れでした。しかし、「もう4人目だもの、自分へのご褒美よ」と、自ら帝王切開を希望する妊婦たちも増えて来ているそう。

●自宅出産
器具だらけで緊張してしまう場所での出産ではなく、自分が一番安心する場所で出産したい。そんな女性の声は世界中から聞かれ、自宅出産を希望する妊婦は年々増えてきているそう。

●催眠出産
催眠出産と聞いて驚く人も多いかもしれません。催眠出産とは、その名の通り、催眠術にかけられたまま出産をするというもの。出産への恐怖が強い女性の意識を「どこか遠くの場所」「海やカフェなどの場所」へと連れて行くそうですよ。興味のある人は調べてみると良いかも!?

●水中出産
赤ちゃんが一番リラックスできる方法とも言われているのが、この水中出産。温水の中で出産し、生まれたばかりの赤ちゃんを自らの手で抱くことができるのも魅力の一つ。日本でも行っている施設もあるのでチェックしてみては?

●お好みの体勢で出産
分娩台に横になり、両足は開かれたままストラップに結ばれ…。そんな体勢で力めるものも力めない!そう思うアナタは違う体勢で出産してみては?

四つん這(ば)い、座ったように、横向きなど、さまざまな体勢で出産をした女性も多いそうですよ。自分が楽な体勢で出産に挑むのが一番!

海外にはさまざまな出産方法があるのですね!

そして、「出産法」だけではなく「リラックス法」もさまざま。足つぼマッサージに出掛ける、はり治療をする、アロマキャンドルをたく、などの方法で出産の痛みに備える妊婦が多いみたい。自分にあった「出産法」と「リラックス法」を見つけてこれでアナタも準備ばっちり!

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★