あなたの健康はお金で買えますか・・・? 一番効く!若くいたいなら「ボトックス注射」

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

一番効く!若くいたいなら「ボトックス注射」 

   

形成外科医によると、若わかしい見た目を維持したいなら、ボトックスはやるだけの価値がある、とそのかなりの効果を説明しています。

JAMA皮膚学雑誌でのオピニオン欄でアメリカの皮膚科医、ケニス・アーント医師は、若さ維持のためのボトックスは早すぎることはない、と言っています。

おでこのシワや眉間のシワ、目尻のシワは、日常的な表情によって作り上げられることが分かっています、とアーント医師。

若くしてこれらの筋肉を使うのを少なくするとシワはできないのです。シワができてから元どおりに戻そうとするより始めから予防をする方が得策です。

ビクトリアンコスメティックインスティテュートの形成外科医、サラ ムレン医師によると、早めのシワ対策で、シワの予防ができる、ということです。

人がしかめっ面をする時に使う筋肉の範囲は目や額のそれより大きく、早い時期からしかめっ面をしていると、この表情ジワが出る確率は100%です、とムレン医師は言います。

2006年に発表された研究では双子の片方に13年間ボトックス注射を打ってもらい、もう一人は何もしないことで研究しました。

10年後と15年後の結果を見てみると、ボトックスをした方は滑らかな肌でひたいにシワもないのに対し、もう一方の双子は加齢の過程でよく見られる表情ジワがしっかりできていました。

子供や10代の若者にボトックスを勧めているわけではありませんが、ここでオススメしていることは、シワが気になり出した時にはすでにボトックスを始めても遅くない、ということです、とアーント医師は言います。

あまり頻繁に使うと効果がなくなるので、適度な使用が効果的なようです。

関連記事




2
( 2017/05/14 01:18 ) Category ■整形・エステ・アロマ・ハーブ | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ