l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 女性の悩み「クリニックvs.エステ」脱毛するならどっち?


女性の悩み「クリニックvs.エステ」脱毛するならどっち?

電車に乗ったり町を歩いていたり、雑誌を見ていると、色々な脱毛の広告がありますよね。ワンコインでできるものから高値の脱毛まで、ピンキリです。「同じ脱毛なのに、何故こんなにも違うの?」と疑問に思う方も多いかと思います。

そんな皆さんの悩みを解決するべく、美容皮膚科の横浜銀座クリニックさんに脱毛について伺いました。

■実は“永久脱毛”は医療行為!

まず、エステとクリニックは何が違うのかというと、”医療行為”が行えるか否かという点です。

永久脱毛は“毛根細胞を破壊すること”であり、このような行為は身体の治療とみなされ”医療行為”にあたります。医療行為は、“医師が行う、または医師の指導のもと行う行為”です。

医師免許証のない人が医療用レーザーなどによる強力な脱毛を行うと治療とみなされ、医師法違反で処罰の対象になってしまいます。そのため、エステではあくまでも美容行為の範囲内で脱毛を行っています。

■クリニックとエステで行う脱毛って何が違う?

先にお伝えした通り、クリニックでは医療用レーザーによる“レーザー脱毛”が主流となっています。レーザー脱毛は、レーザー光線を使用して毛包部分の組織を破壊し、発毛が起こらないようにしていきます。

一方、エステでは、医療行為が行えないため“IPL脱毛”が主流となっています。IPL脱毛とはいわゆる光脱毛のことで、インテンス・パルス・ライトとよばれる光をあてて、少しずつ時間をかけて毛根にダメージを与え“減毛”をしていきます。

問題としては、エステは医療機関ではないので、
万が一何か肌トラブルがあった際、迅速に薬を処方したり、処置したりすることができません。この場合は、医療機関を受診することになります。

■長期的にみると医療脱毛は経済的?

脱毛を考える人が、クリニックとエステで悩む点といえば“お金”ですよね。

エステでの脱毛は一見リーズナブルにみえますが、長期的にみると医療レーザー脱毛を行うクリニックの方が、はるかに経済的なのです。

クリニックでは、身体の仕組み、毛の生える周期を把握している医師や看護士さんと話しながら自分にあった脱毛方法を教えてもらえるので、無駄なく効率的に脱毛ができます。

しかし、エステで使う光脱毛は、医療用よりも低刺激ですので、短期的であればリーズナブルに脱毛をすることができます。さらに、施術者の技術に左右されないというメリットもあります。

肌が弱い方や永久脱毛する方は、クリニックでの医療脱毛で専門家と相談しながら行うとトラブルなく、安心して施術をうけることができます。

これから、肌を出す季節に向けて“脱毛”を考えている方は、違いを理解した上で、エステかクリニックをお選びくださいね。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★