あなたの健康はお金で買えますか・・・? ペットロス症候群にかかりやすい人の傾向と立ち直り方

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

ペットロス症候群にかかりやすい人の傾向と立ち直り方  

   

家族と同じくらい、もしくはそれ以上に大切だったペット存在。彼(彼女)を失ってしまった際のショックに打ちひしがれてしまう方も多いようです。

また、ショックから立ち直れず強い精神的ダメージを受けた状態(いわゆる「ペットロス症候群」)に陥り、日常生活に支障をきたしてしまうことも。そこで今回は、ペットロス症候群の症状や原因と、回復方法についてまとめてみました。

■ どんな人がなりやすい?

◎ ペットに依存している人

依存、というと悪く聞こえますが、次のような人などはペットロスになりやすいといわれています。

・家族以上に大切にしている人

・子どものようにかわいがっている人

・悩みの相談相手としている人

・「ああしてあげれば良かった」という後悔を持っている人

■ どんな症状が出るの?

ペットロスに陥ると、主に次のような症状が現れます。

・突然悲しくなり、泣く

・眠れない

・過食または食欲不振

・無気力

・めまい

・幻覚、幻聴。妄想

・胃が痛くなる、吐き気

・頭痛、発熱

・疲れやすい

■ 回復するにはどうしたらいい?

ペットを失った悲しみから立ち直った方は、次のようなステップを踏むことが多いようです。

◎ ステップ1:事実を受け止める

ペットが死んでしまったとき、その事実を受け止められずに「どこかで生きているんじゃないか」「ひょっこり帰ってくるんじゃないか」と思ってしまう人がいます。

いなくなってしまったことを受け入れるのは容易ではありませんが、必ず受け入れなければなりません。その際には、強い悲しみや怒り、後悔の念など様々な感情が湧きあがります。

◎ ステップ2:無気力になる

嵐のような感情の波が去った後、無力感や虚脱感、強い喪失感に襲われるケースが多いようです。また、体力も落ちている場合が多いので、体調を崩しやすくなります。

無理をして外に出よう、アクティブに動こうと頑張りすぎず、ゆっくり休養するのが大切です。不眠の症状が酷かったり、精神的に辛い場合は、カウンセリングや心療内科を受診してみるのもひとつの方法です。

◎ ステップ3:ペットのいない環境に慣れていく

少しづつ、ペットのいない世界に慣れていきます。このころから、少しづつ日常生活で「楽しい」「嬉しい」といったポジティブな感情を感じ始める傾向があります。自分が「楽しい」と感じることは、ペットへの裏切りではありません。

◎ ステップ4:良い思い出として心の整理をする

ペットとの生活を「思い出」として受け止め、前向きに生きていけます。また、この時期に新しいペットを家族として迎える方も多いようです。

■ おわりに

大切なペットを失ったばかりで冷静になるのは非常に難しいこと。死を受け入れ、回復するまでの期間は個人差があります。焦らないで、自分のペースで心を整理していくと良いでしょう。

関連記事




2
( 2017/05/14 01:40 ) Category ■ペット・動物など・依存症 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ