l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 病院で受けられる薄毛の治療法ってどんなもの?


病院で受けられる薄毛の治療法ってどんなもの?

●病院で薄毛治療をするメリット

「薄毛はお医者さんで治せる」。皆さんも、こんなCMを見たことがあるのではないでしょうか。とは言え、病院で薄毛治療を受けるのは「人目につくのが恥ずかしい」、「治療費が高くなりそうで嫌だ」と思う人も多いかもしれません。

でも自己流のケアでは、なかなか薄毛が改善しないもの事実です。それどころか男性に多いAGA(男性性脱毛症)は、進行性のため適切なケアを早く行わないと、どんどん進んでしまいます。

病院で治療しても、薄毛が必ず治るというわけではありません。でも医師に診察してもらえば頭皮の状況がきちんと把握でき、原因や他の病気の有無なども特定できるので、的確な治療法のアドバイスがもらえます。自己流のケアではなく、病院で治療を受けたほうが薄毛が改善する可能性が高いと言えるでしょう。

●内科的治療と外科的治療

AGA治療法には、薬を使った「内科的治療」と、手術による「外科的治療」があります。内科的治療では、2005年に厚生労働省の薬事承認を受け、医師が処方できるようになった「プロペシア」という飲み薬や、「ミノキシジル」という塗り薬を使ったりします。

一方、外科的治療では「自毛植毛」という手術を行います。自毛植毛はAGAの原因となる男性ホルモンの影響を受けずに、しっかりした毛が生えている後頭部や側頭部の毛を薄毛の部分に移植します。

移植した毛は、男性ホルモンに強いという性質を維持するので、薄毛の部分にも自分の髪を再生することができるのです。その他、毛髪の再生を促す成長因子を頭皮に直接注入する方法も、最近では多く行われるようになっています。

●薄毛治療の病院選び

プロペシアを処方してくれる皮膚科や内科は増えてきていますが、取り扱っていない病院も多いため、事前に確認することが大切です。

また、専門医がいないと、薬を処方するだけで、医師にAGAの知識があまりない場合もあるため、AGAの専門医がいる病院を選ぶほうが良いでしょう。

医師からの説明を受けた後、治療を受けるかどうかを自分で判断できるインフォームド・コンセントがしっかりした病院を選ぶことも大切です。

自毛植毛や成長因子注射をする場合は、手術を行う医師の経験や知識が豊富で、技術が高い病院を選ぶことが不可欠です。

また、費用や手術方法についての情報がきちんと開示されていたり、手術のデメリットやリスクについても十分に説明してくれたりするかどうかも重要なポイントになります。

(この記事の監修: クリニカ市ヶ谷美容皮膚科外来 医師 / 土屋沙緒 先生)
関連記事
月額890円・独自SSL証明書0円
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★