l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? これで安心! “ワキ汗のニオイ”を撲滅する5つの予防&対策法


これで安心! “ワキ汗のニオイ”を撲滅する5つの予防&対策法

もうまもなく6月ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。6月と言えば梅雨、それを切り抜けると本格的な夏が到来します。毎年のように「今年は例年になく暑い」などと言われますが、今年も感覚的に昨年を越える猛暑となることは予測の範囲内でしょう。そんな猛暑を過ごす上で気になるのはやはり「汗」。

特にワキ汗は男性・女性とも気になる話題ではないでしょうか。本記事ではワキ汗のニオイを撲滅する予防と対策を書き記しましたので、気になる方は是非ご参考ください。

■汗とニオイについて

まず前提として汗について再確認していきます。

人間は誰しも汗をかく生き物です。汗は体温を調整する作用があるため、生きている以上汗から逃れることはできません。ただ汗には2つの種類があることをご存知ですか。

厳密に言えば汗が吹き出す”出口”が2種類あるのです。この種類とニオイは密接に関わっています。

一つ目が「エクリン汗腺」から出る汗
ここから排出される汗は運動などをして高まった体温を調節してくれる汗です。成分が水と塩分のみなのでニオイも少なく、サラッとしているのが特徴。
運動した後に「キモチイイ汗」をかいたなんて言いますが、これはエクリン汗腺から出た汗を指すのですね。

問題は2つ目の「アポクリン汗腺」から出る汗
ここから排出される汗は心理的なストレスにより生成されます。脂肪・尿素・アンモニアなどの成分が含まれており、見るからにニオイがしそうな汗なのです。雑菌が分解されたベタベタした汗はこのアポクリン汗腺から出たものだと認識してください。

男性の多くはYシャツを身につけ、更にスーツを着て日々お仕事を頑張っていらっしゃいます。しかしこの状態では排出された汗の逃げ場がなく、ニオイが充満してしまう。
つまりワキ汗のあのニオイは「アポクリン汗腺」から滲みでた汗とそれを逃しにくい環境が原因なのです。

前述の通り、人間は汗をかく生き物です。これを止めることはどうしたってできるものではありません。ならば”出る汗の対処を行う”あるいは”なるべく匂わないものにする”のが建設的ですよね。

■これをやれば安心!”ワキ汗のニオイ”を撲滅する5つの予防&対策

●ワキを事前にケアする

男性の場合、ワキ毛があるためニオイがこもりやすい状態になっております。しかもスーツを着用しているとデオドラント系のグッズも塗りにくいので更に悪循環に陥ってしまうのです。これに対しオススメの方法は「ワキ毛を短めにカットすること」

ワキ毛を全て剃ってしまうのは少し抵抗感がありますが、短くカットするのならできそうですよね。その際は”ボディシェーバー”などを使用すると良いでしょう。

上記のような商品なら、皮膚が柔らかく敏感なワキでも使えるかと思います。
デオドラント商品の塗布をしやすくするため、5ミリ程度に切りそろえるのが無難です。

女性の場合は、男性と比較してワキをしっかりケアしている方が多いため
・規則正しい生活を送ること
・なるべくストレスをためないこと
この二つが最も有効的な対策だとされています。

補足:ストレスは汗のニオイを増幅させます
「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」は両方とも心的ストレスによって活性化する汗腺です。皆さんは極度に緊張する場面で汗が吹き出したり、冷や汗をかいたりした経験はございませんでしょうか。これは正にストレスによって汗をかいている状態。これらの汗はニオイがキツイため注意が必要です。

●食生活を改める

食材によっては汗腺を刺激するものが存在します。動物性脂肪、脂肪酸、中性脂肪などが該当し、これらを多量に摂取することで汗の量が増え、ニオイもきつくなってしまう。
それを避けるため肉類やチーズ、バター、牛乳などをセーブするのもワキ汗のニオイ予防としては有効です。

また「ビタミン」を多く摂取することで改善が期待されます。特に緑黄色野菜に含まれる「ビタミンA」、ゴマなどに含まれる「ビタミンE」などは積極的に摂っていくと良いかもしれません。

補足:食事は和食を中心にするのが吉
栄養バランスを考えると白米、味噌汁、お魚などいわゆる和食を中心とし、サラダを多めに食べるのが効果的です。不規則かつ乱れた食生活だとワキのニオイは止めどなく酷くなっていってしまいますよ。毎日きっちり食べるのは難しい場合もありますが、まず意識してみることが予防に繋がっていくのです。

●デオドラント系のアイテムを使う

ワキ汗のニオイ対策として最も一般的なのがデオドラント系のスプレーの使用です。
ただ個人的にはスプレータイプよりクリームタイプのものをオススメしております。

理由としては「一度塗布すれば長時間効果がある」点。

●衣服もしっかりケアする

汗をしっかり予防していても、実は「服がちゃんとケア出来ておらずニオイが出てしまった」というケースも散見されます。

こういった場合は酸素系漂白剤(または重曹)を直接塗って洗濯するのが肝要。塗布した後5分~10分ほど置いてから洗濯機を回すと、不思議なほど 綺麗に汗ジミが解消されますよ。是非試してみてください。

酸素系漂白剤には汗ジミの分解に加え、除菌効果もあるので汗に含まれた雑菌への効果も期待されます。ワキ汗のニオイ対策として定期的に行いましょう。

●病院で診察をうける

汗は心的な作用が強く、体調がすぐれないときや精神的に疲れてしまっていると汗の量もニオイも増幅してしまいます。

汗の量が最近増加した、少量でもニオイが強いという場合は迷わず病院で診察を受けてください。もしかしたら病気が原因の可能性もあるからです。(バセドー病、自律神経失調症、糖尿病など)

■まとめ

ワキ汗のニオイ予防と対策いかがだったでしょうか。上記で記したものを簡単にまとめさせていただくと

・ワキを事前にケアする
・食生活を改める
・デオドラント系のアイテムを使う
・衣服もしっかりケアする

これらを行うことでワキ汗の不快感を少しは軽減できると思います。しかしどうしてもニオイがキツイという場合はやはり「病院で診察をうける」のが一番だと思います。

これから本格的な夏が到来します。明るく、楽しい季節はもう目の前ですがワキ汗をべったりかいていたら、良い出会いも減ってしまうかもしれません。

是非本記事の予防及び対策を実践いただき、素敵な夏をお過ごしください。以上です。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★