l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? その頭痛は歯ぎしりが原因かも マウスピースで負担を軽減【女医ドル】


その頭痛は歯ぎしりが原因かも マウスピースで負担を軽減【女医ドル】

現代社会はストレス社会ともいわれるように、多くの方々がストレスにさらされながら日々の生活を送っているのではないでしょうか。

ストレスを感じないという方はほとんどいらっしゃらないでしょうが、ストレスを感じやすかったり、多忙で常に時間に追われる生活を送っている方にみられやすいといわれる口腔(こうくう)異常癖の1つが歯ぎしりです。

 歯ぎしりは主に寝ているときにしてしまう特徴があり、上下の歯をすり合わせたり、グッとかみしめたりすることで、歯や歯周組織を傷つけます。

また、歯のかみ合わせの面や根元の面がすり減ってしまい知覚過敏を起こしたり、あごに過度に負担がかかることにより顎(がく)関節症を引き起こしたりしてしまいます。

 そしてひどくなるとこれらの影響により、かみ合わせのバランスが崩れ、肩こりや頭痛、さらには全身の姿勢にまで影響を及ぼすといわれています。

 寝ているときの歯ぎしりは睡眠が阻害され質の良い十分な睡眠をとることができません。歯ぎしりをする方の一晩の歯ぎしりでかかる力は、歯ぎしりをしない方の一生分の咬む力に相当するともいわれているのです。

 歯ぎしりの対策として、私たち歯科医がお手伝いできることは、患者1人1人に合ったマウスピースを作ること。マウスピースをはめることにより、マウスピースがクッションのような役目を果たし、

歯やあごにかかる負担を軽減することができます。そしてあごや頬の筋肉をマッサージして、よくもみほぐしてあげることも大切です。

 その他、精神的ストレスの軽減や、リラックスできる姿勢で寝る、枕を低くして寝るなども対策の1つです。

 朝起きたときにあごが疲れていたり、口の周囲にこわばりがある。歯にヒビやすり減りがあったり根元が削れている。集中しているときに無意識にかみしめている。舌や頬にかんだ跡がある。

肩こりや頭痛が常々ある-。このような症状がある方は、もしかしたら歯ぎしりが原因かもしれません。

 一度ぜひ歯科医にご相談ください。

 ■吉田聡美(よしだ・さとみ) 松本歯科大学歯学部卒業。神奈川歯科大学研修修了。医療法人メイロイヤル矢向歯科勤務。モアナ歯科クリニック開業。現在に至る。(株)カロスエンターテイメント所属。

関連記事
月額890円・独自SSL証明書0円
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★