l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【女医ドル】「乾燥ケア」で肌年齢を若く 風呂あがりには化粧水


【女医ドル】「乾燥ケア」で肌年齢を若く 風呂あがりには化粧水

働く男性の皆様、今日も1日お疲れさまです。季節も冬から春に移り変わり、新生活の準備に追われる方も多いことでしょう。

この時期、初対面の方にお会いすることも多いですが…この人若々しくってすてきという男性もいれば、おっさんぽいな~と思われる男性もいらっしゃいますね。

みなさんはどちらですか(笑)。アンチエイジングという言葉は、もはや女性ばかりの言葉ではありません。

 人は相手の年齢を推測するとき、まずは容姿のチェックから始まります。髪形や体格、洋服の趣味、持ち物など。

でも実は肌年齢というのが重要なポイントになっているのをご存じですか。男性は女性と違って、常にスッピン勝負。お化粧で隠すことができません。肌年齢が若い人ほど、若く見られる傾向にあります。

 ではどのようにしたら肌年齢を若返らせることができるのでしょう。老け顔と思われる要素は、シワやたるみ、目元のクマなどです。

主な原因は、肌が乾燥するためです。中年から高齢者の方は、肌がオイリーに見えるのですが、肌が乾燥していることにより、余分な脂質などが分泌される場合が多いのです。

お風呂あがりに、しっかり化粧水などでお肌に潤いを与えてください。こっそり奥様の高級化粧水をつけてみるのもいいでしょう。

 また、紫外線をしっかりガードしましょう。お肌の真皮層が紫外線のダメージを受け活性酸素が増えると、コラーゲン繊維が破壊され、肌はハリや弾力が失われて硬くなり、シワやたるみができやすくなります。

つまり紫外線をたくさん浴びると、肌年齢は高くなるということです。

 ゴルフやレジャーに行くときだけでなく、常日頃から日焼け止めを塗る習慣を身につけてください。

 喫煙も肌に悪い要素がたくさんです。喫煙は一酸化炭素やニコチンにより、体内の酸化を促してしまいます。メラニンの生成が促進され、顔もくすみやすいのです。

 そのまま老け込んでしまうのか、実年齢より若く見られてモテちゃうのか、それはあなたの努力次第です。

 ■堀美慧(ほり・みえ) 美容外科医。広島市出身。
久留米大学医学部医学科卒業。同大学病院外科学研修、大手美容外科院長を経て、医療法人 美輝会 みやざき美容クリニック理事長に就任。地元宮崎でラジオ番組にレギュラー出演。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★