l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? こわーいピンポン感染の実態「コンドームでは性病は防ぎきれない!!」


こわーいピンポン感染の実態「コンドームでは性病は防ぎきれない!!」

20代、30代の性病患者数や性病キャリア数が年々増加し、全体の半数にも及んでいます。そこで、専門家に聞いた本当にこわいピンポン感染の実態をご紹介しましょう。

■無症状の期間が一番危ない
性病の感染源となる病原菌が体内に侵入すると、無症状の潜伏期間があります。抗体反応が出ない空白期間なので、検査しても陽性反応はあらわれませんが、無症状であるにもかかわらず、体内に病巣を作っています。この間に性交渉するとパートナーに感染します。

クラミジアや淋病などは女性の場合、長期間無症状の場合が多く、気づかないうちにパートナーにうつしてしまうことも少なくはありません。

■性病は口からも感染する
こわいのは病原菌が口から侵入して喉頭などに病巣を作ることです。淋病、クラミジア、ヘルペス、梅毒などがこれにあたりますが、自覚症状がないため放置しておくと菌はどんどん増殖し、症状が進行してくると確立的にはほんのわずかですがキスでもうつります。

■コンドームでは防ぎきれない性病もある
梅毒は股間の付け根の部分に発症することが多く、コンドームでは防ぎきれません。
初期にはしこりができますが、痛みがないので気づかず放置してしまうことが多く、
症状が進行してくると、ただれて病原菌が大量に発生します。ただれてくると、傷を治そうとする浸出液が外に流れ出しますが、装着時にコンドームの外側につけばこれでも充分に感染します。ヘルペスやコンジローマは肛門周辺などわかりにくい部分に感染するケースが多く、これらもコンドームでは防ぎきれません。

また、イチャイチャした時に病原菌がついてしまった手で陰部を触ったりすると、どの性病でも感染します。

ちょっとした浮気心、エッチしていないから大丈夫、予防しているから大丈夫という過信は禁物です。性感染症に感染すると、粘膜が弱りHIVの感染率が急激に上昇します!B型肝炎も輸血などでうつると思っていたらNG!性交渉でうつる確率が高いんです。

性病は通常の血液検査では発見することはできません。大切なひとを守るためにも、少しでもおかしいなと思ったら専門医を受診しましょう。主な症状は下記に。

■性病の初期症状

梅毒 ♂♀ 性器または股の付け根に痛みのないしこりができる。
淋病 ♂  排尿痛、男性器の先から膿がでる
♀  無症状のことが多い、おりものの増加
性器ヘルペス感染症 ♂♀ 外陰部や膣内に米粒大の水泡や湿疹ができる
尖圭コンジローマ  ♂♀ 性器やその周辺に痛みを伴わないブツブツができる。
トリコモナス感染症 ♂ 無症状のことが多い、排尿時の違和感、♀ 黄色のおりもの、おりものが臭くなる、外陰部のかゆみ
カンジダ症 ♂ 尿道のかゆみ、♀ カッテージチーズのようなおりもの、強いかゆみ

情報提供
—–性病検査は3カ月に一度は行いましょう—–
WADN(世界エイズデー in NAGOYA 実行委員会)
咲江レディスクリニック 院長 丹羽咲江

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★