l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? ゲームのやり過ぎも原因に – けんしょう炎の基礎知識


ゲームのやり過ぎも原因に – けんしょう炎の基礎知識

手と指の痛み・しびれはよくある症状だが、その中でも「腱鞘炎(けんしょうえん)」は誰にでも起こる可能性があり、赤ちゃんにも起こることがある。横浜労災病院 運動器センター長の三上容司(みかみ・ようじ)さんに、腱鞘炎の種類と、起こる原因についてうかがった。

* * *

■腱鞘炎とは
腱鞘炎にはいくつかの種類があり、症状の現れ方も異なります。

■腱鞘炎の発症
手には、手首から指先にかけて、腱と腱鞘という組織があり、指を曲げ伸ばしするときには、腱が腱鞘の中を往復するように移動します。
腱は、丈夫なひも状の組織で、骨と筋肉をつないでいます。腱鞘の“鞘”という字は、訓読みすると“さや”です。つまり、腱鞘とは腱の入れ物という意味で、腱鞘は、腱を守るとともに、腱が動いても指の骨から離れないようにする役割をもっています。

腱鞘炎とは、この腱と腱鞘に炎症が起こる病気です。何らかの原因で腱鞘が厚くなったり硬くなったりすると、腱鞘の中を腱が通りにくくなります。すると、腱と腱鞘がこすれ合い、炎症が起きて痛みを感じます。

さらに、何度も炎症を繰り返していると、腱鞘が腫れ、腱が腱鞘の中を通るときに圧迫されて、ますます通りにくくなります。特に、腱を直接覆っている腱鞘(滑膜(かつまく)性腱鞘)に炎症が起こりやすいのが特徴です。

■腱鞘炎が起こりやすい人
腱鞘炎には、「文字の書き過ぎ」「パソコンの使い過ぎ」「家事」「楽器の演奏」など、手と指をよく使う人に起こりやすいという特徴があります。最近では、「ゲームのやり過ぎ」によって腱鞘炎を起こすという人もいるようです。

しかし、必ずしも手と指の使い過ぎだけが腱鞘炎の原因とは限りません。
出産後、更年期やそれ以降など、女性ホルモンのバランスが変化する時期には、腱鞘炎が起こりやすいといわれています。
そのほか、糖尿病や関節リウマチなどの持病がある人、透析療法を受けている人にも起こりやすいといわれています。糖尿病がある人に起こりやすいのは、末梢の血流が滞っていたり、炎症が生じると治りにくい傾向があることが、腱鞘炎の発症に関係しているからではないかと考えられています。関節リウマチがあったり、透析療法を受けている人の場合は、関節を包む膜(滑膜)に異常が起きやすく、そのことが滑膜性腱鞘にも影響を与えると考えられています。
■腱鞘炎の種類
腱鞘炎は、手のどの部分に起きるかによって、症状の現れ方が異なります。代表的なものとしては、指に症状が現れるばね指、手首に症状が現れるドケルバン病があり、そのほか、乳児に起こる強剛母指(きょうごうぼし)があります。

また、手を使う際には、指と手首を同時に使うことが多いため、ばね指とドケルバン病を併発するケースも少なくありません。

■ばね指
ばね指は、指に起きる腱鞘炎です。曲がった指を伸ばそうとするときに、ばねのように“カクン”と急に戻ります。
炎症により腱鞘が腫れて痛みを感じ、「指の曲げ伸ばしが困難」「指を無理に伸ばそうとすると、引っ掛かって痛い」などの症状があります。
ばね指は、親指と中指に起こりやすいといえますが、そのほかの指に起こることもまれではありません。

■ドケルバン病
ドケルバン病は、手首に起こる腱鞘炎です。ばね指と異なり、引っ掛かりを感じることはほとんどありませんが、親指を動かすと、手首の親指側に痛みが起こります。

手首には親指を動かす際に働く腱が2本通っています。この腱鞘に炎症が起こり、腱がスムーズに往復しにくくなるために起こります。

ドケルバン病かどうかは、次のような方法で調べます。親指を拳の中に入れて小指側に曲げていくと、手首の出っ張った部分に強い痛みが現れる場合には、ドケルバン病が疑われます。この方法は、診断の際にもよく用いられます。

■強剛母指
強剛母指は、乳児に起こる腱鞘炎の一種で、親指の第一関節が曲がったままで伸びません。生まれたばかりのころにはわかりにくいのですが、生後3か月以降になると発見しやすくなります。頻度は高くありません。

原因は明らかになっていませんが、親指を曲げ伸ばしする腱が膨らんで太くなり、腱鞘の中に入らなくなって、親指が伸びなくなることはわかっています。

乳児の指を親が伸ばそうとしても伸びなかったり、親指の付け根に触ってしこりを感じる場合には、強剛母指が疑われます。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★