l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 整髪料が髪に与える影響とは?


整髪料が髪に与える影響とは?

ヘアスタイルを整えるのに、整髪料はなくてはならないものですね。薄毛の人でも、モテハゲをめざして髪にボリューム感を出している人も多いことでしょう。でも、その整髪料が抜け毛を促進させているとしたら…。

そこで今回は整髪料が髪にどういう影響を与えているか考えます。

整髪料の種類と特徴

整髪料といっても、種類はたくさんです。まずは、それぞれの特徴や使われ方の違いを見てみましょう。

●ヘアスタイリングワックス
クリーム状のもの。手ぐしで髪に馴染ませます。ハード(ガッシリ固めるタイプ)とソフト(固めずに髪の毛の流れをつくるタイプ)があります。

●ヘアスタイリングジェル
ゼリー状のもの。手のひらで伸ばし髪にセットします。ガッチリ固めるものから、ウェット感を出すものまでいろいろ。糊状の成分なので、乾燥すると白い粉がでることがあります。

●ヘアスタイリングスプレー
細かな粒状のもの。髪に吹きかけて、ヘアスタイルを固定させます。接着性が強いので、最後の仕上げに利用されます。

●ヘアスタイリングフォーム
泡状のもの。手のひらに出した泡を広げて、髪に馴染ませます。水分や油分が髪に浸透し、潤いのある髪や、弾力性のある髪にします。

●ヘアクリーム
乳液状のもの。手のひらで伸ばしてから髪に馴染ませます。水分や油分を与え、バサつく髪をしっとりさせます。枝毛や切れ毛を防ぐトリートメント効果があります。

●ポマード
ゼリー状のもの。手のひらに適量を取り、髪に付けていきます。粘り気の強い油で、髪をピタッと固めます。ツヤが出るのも特徴。ちなみにガイドが20代の頃、整髪料といえばこれでした。

●ヘアリキッド
液状のもの。髪に直接振りかけた後、クシで全体に馴染ませます。アルコールや油が含まれ、ハリやコシのある髪に整えます。
※同じ液状のものでヘアトニックもありますが、こちらはマッサージや育毛用のもの。整髪目的のヘアリキッドとは使用されている成分が違うので、混同しないように。

ざっと並べてみるだけでもなかなかのボリュームですね。イケてるヘアスタイルはどれで仕上げるかは、自分の髪質と照らし合わせながら決めるとよいでしょう。

なぜ固めたりしっとりさせたりするのか?

そもそも、なぜ整髪料を付けると髪の毛が固まったりしっとりしたりするのかというと、それは使われている成分がその役目を果たしているからです。 主な成分を上げてみましょう。

・スタイリング効果のある成分…樹脂や糊状の成分で髪の毛の表面を覆い、ヘアスタイルを固定します。

・保水効果のある成分…髪の毛をしっとりさせてクシ通しをよくし、髪の広がり(いわゆるボンバーヘアとでも言えばわかりやすいでしょうか?)を抑えます。

・保脂効果のある成分…髪の毛の表面に油分を馴染ませ、髪同士の摩擦を減らし滑りやすくします。サラサラヘアはこの成分の働きによるものです。

つまり、これらが組み合わさり整髪料はできています。たとえば同じ種類の商品でも、いろいろなヘアスタイルを仕上げるタイプがあるのは、配合されている成分の分量の違いによるものなのです。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★