l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【日本の病院の実力】「肝がん」早期発見&治療で医学界をリード 近畿大学医学部附属病院  


【日本の病院の実力】「肝がん」早期発見&治療で医学界をリード 近畿大学医学部附属病院  

ウイルス性肝炎の影響で増え続けている肝がん。その治療では、特殊な針を刺してがんを焼灼するラジオ波焼灼療法や、がんにつながる血管を塞ぐ肝動脈塞栓術などが広く普及しているが、かつては外科的手術しか根治できなかった。

また、血管が張り巡らされた巨大な臓器ゆえに、早期の肝がんを見つけるのも困難。それを打破したのが、近畿大学医学部附属病院消化器内科だ。肝がんの早期発見と治療において、世界に先駆けた方法を開発し、リーダーとして君臨している。

 「最先端医療を行えば行うほど、問題点がはっきりと見えて、ふとアイデアが浮かぶのです」

 こう話す同科の工藤正俊教授は、これまで数々の診断法や治療法を生み出し、標準技術として世に広めている。たとえば、肝硬変が進んだ状態の肝がんを手術で切除する場合には、正常な肝機能をできるだけ残す必要がある。

どこまで切除できるのか。その肝機能の予備力を診断できる方法を見いだし、1989年にノーベル医学賞につながる米国核医学会バーソン・ヤロー賞を受賞した。

 また、99年には日本初のラジオ波焼灼療法を成功させ、これまで3000例以上に行っている。肝動脈塞栓術は4000例以上。肝がんの早期発見法として、2007年には新たな造影超音波検査法も開発した。

 「5ミリ程度の肝がんは、超音波だけでは見つかりにくい。07年に承認された造影剤を2回用いると、再発したがんだけでなく、小さながんも100%見つかる」(工藤教授)

 微小の肝がんを見つける方法はそれまでなかっただけに、学会で発表したところ大反響を呼んだという。今では、その造影剤を使える医療機器があれば、どこの病院でも行える検査法となっている。

新たに見いだした検査法や治療法を瞬く間に広めてしまう“工藤マジック”。昨年には、北米肝臓学会で日本人としては20年ぶりに講演を行うなど、国内外での活動で休む暇もないほど。しかし、工藤教授は、「診断も治療も現状に満足していない」ときっぱりいう。

 「今取り組んでいるのは、肝がんに対する分子標的薬です。がん細胞内のシグナル伝達を遮断する化学療法で、余命数カ月の肝がん患者さんを助けることができる。効く人と効かない人を見極めているところです」

 治療や診断で壁にぶつかっても、元気になった患者の笑顔を支えに、乗り越え続ける。肝がんで亡くなる人がゼロになるまで、工藤マジックに終わりはない。

<データ>2008年実績

★ラジオ波焼灼療法405件

★肝動脈塞栓療法332件

★動注化学療法102件

★造影超音波検査620件

★インターフェロン治療(新規導入件数)251例

★病床数985床

〔住所〕〒589-8511大阪府大阪狭山市大野東377の2
(電)072・366・0221

関連記事
月額890円・独自SSL証明書0円
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★