あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【今日のストレス 明日の病気】ストレスによる“疲れ目”に注意!老眼につながる  

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

2

【今日のストレス 明日の病気】ストレスによる“疲れ目”に注意!老眼につながる    

   

疲れがたまると目の焦点が合わなくなる人はいるが、ストレスで同じような症状を起こす人もいる。Mさん(35)もその一人。精神的な抑圧が、彼を“ピンボケ男”に変えてしまうのだ。

 Mさんにその症状が現れ始めたのは2年ほど前のこと。忙しくて連日の残業を繰り返していた時、会社の壁にかかっている時計を見てからパソコンに目を転じても、なかなか画面に焦点が合わなくなっていたのだ。

 しばらくジーっと見ていたら、次第に文字が読めるようになったが、急に「老い」を感じさせられたような、嫌な気分になったという。

 その後も断続的に同じ症状が出るようになるのだが、出るのは決まって忙しい時、面倒な案件を任された時、落ち込んでいる時、疲れがたまっている時…などなど。あきらかにストレスが関与している症状だ。

 「眼精疲労の症状です。原因はさまざまですが、ストレスによる自律神経のバランスの崩れが原因になることがあります」と語るのは、金沢医科大学眼科主任教授の佐々木洋医師。ストレスが目のレンズの焦点調整機能を低下させる可能性を指摘する。

 「ストレスが直截的にピント調節機能を狂わせるというメカニズムはまだはっきりしていません。ただ、精神的な抑圧によって自律神経にアンバランスが生じると、調節機能や瞳孔の動きに支障が生じる可能性は否定できません」

 治療法は、リラックスを心がけて、ストレスを取り除くしかないのだが、佐々木医師は単なる「疲れ目」と馬鹿にしてはいけないと警鐘を鳴らす。

 「目の焦点が合わせづらいということは、水晶体が固くなりつつあることを示唆しており、実はこれ、老眼につながる症状なんです。Mさんは35歳とのことですが、日本人で老眼が始まる平均的な年齢は45歳前後と言われているので、少し早いですね」

 佐々木医師によると、老眼になると、今度は白内障のリスクが高まってくるという。たかがストレスによる“疲れ目”なんて馬鹿にしていると、あとで“痛い目”に遭うことにもなりかねないのだ。

関連記事




2
( 2017/05/20 02:34 ) Category ■今日のストレス明日の病気・胸焼け | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ