l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 大反響のゴキブリ擬人化、誕生秘話が明らかに!駆除のプロにいろいろ聞いてみました


大反響のゴキブリ擬人化、誕生秘話が明らかに!駆除のプロにいろいろ聞いてみました

今年も暑い夏がやってきた。楽しいイベントが目白押しの季節だが、一方でちょっと気になることも……。そう、夏といえばアイツの季節でもあるのだ!

 黒くてカサカサと動く水回りの大敵「ゴキブリ」である。そんなゴキブリと日夜戦っているのが、ゴキブリ駆除業者。彼らはなぜこの仕事を選んだのだろうか。

様々な業界の職人を仲介するポータルサイト「トップマイスター」にご協力いただき、ゴキブリ駆除の業界事情について取材した。

 「ゴキブリ駆除の仕事を選んだのは、別の仕事をしていたときにゴキブリ駆除業者さんの駆除作業に同行したことがきっかけです」。

 そう語るのは、実際にゴキブリ駆除業者で働く職人さんだ。現場となったのは、百貨店の飲食フロア。店員から感謝されている場面を見て、やりがいのある仕事だと感じた。自身もゴキブリ駆除業者として働き始めた今、最大のやりがいは、やはりお客様からの"感謝”だという。

 「ゴキブリの被害をピタリと止めることで、感謝していただけるのが嬉しいですね」。

 ゴキブリ駆除業者となってからは、駆除のみならず、ゴキブリの研究でも成果を出している。

 「少しでも効果的な駆除ができるよう、ゴキブリの研究をしているのですが、最近、従来屋内に生息するとされていたゴキブリとは違う種類が屋内にも定着している事例を発見し、今度、学会で発表することになりました」。

 そんなゴキブリ駆除のプロに、効果的なゴキブリ対策を聞いてみた。

 「ゴキブリは基本的に外から入ってくるので、侵入口をふさぐことが有効です。1cmほどの隙間でも侵入口になり得るので、シンクの下の排水パイプと床の接合部分や、畳の下の床下のわずかな隙間など、小さなすきまも隙間テープなどでふさいでおくことをおすすめします。

あとは家の中を清潔にしておくこと。ゴキブリの隠れ場所や住処になりやすい”あたたかくて暗い、5mm程度の隙間”をできるだけなくしましょう。特にダンボールはゴキブリが好むので、いらないなら捨てた方がいいと思います」。

 それでもゴキブリが入ってきてしまったら、どうすればいいのだろうか。

 「市販の駆除剤を使用していただく場合は、餌タイプのもの(喫食型、ベイト剤などといいます)をお使いください。煙が出るタイプのもの(燻蒸型)は、ゴキブリのいる隙間まで薬剤が届かなかったり、届いても効果が十分でない場合があります。

ポイントは、適切な場所に設置することです。基本的には台所や洗面所などの水のある場所の、隅や角に置いていくのがいいと思います。

シンクの下などにも置いてください。退治したあとはこうしなければならないということはないので、普通に捨てていただいて問題ありません。

ゴキブリは仲間の死骸も食べてしまうので、餌タイプの駆除剤で駆除した場合、死骸を食べたゴキブリも薬剤で駆除できることがあります」。

 ところで、ゴキブリ駆除業界といえば、今回業者を紹介していただいたポータルサイト「トップマイスター」が、「黒羽いつき」というゴキブリを擬人化した萌えキャラクターを発表して話題となった。

 抱き枕や人気投票など様々な展開を見せる黒羽いつきは、どのようにして生まれたのだろうか。

 「ゴキブリ駆除業界というのは、そもそもその存在自体が知られることが少なく、注目を浴びることもない業界です。就職志望者も少なく、3Kなイメージも強くあります。黒羽いつきという萌えキャラを通じて、まずこの業界を知っていただきたいというのが一番の狙いです」(ゴキブリの研究室 研究員 上田氏)

 その狙い通り、黒羽いつきはネットで大反響を巻き起こした。上田氏は「ここまで話題にしていただけるとは想定していませんでした」と驚きを隠さない。

 「擬人化キャラクターには、皆さんの生活の困ったことについての解決策という、”役に立つけれど面倒臭い”ことを、萌えを通じて面白く見ていただいているうちに、生活の知恵として身に着けていただけたら嬉しいなと思っています」。

 黒羽いつきの今後の展開に関しては「正直なところ、まだまだ試行錯誤の真っ最中で、悩みながらやっています」という上田氏。「みなさんがツイッターやブログで取り上げてくださるのが、とても励みになっています」と感謝の言葉を口にしていた。

 黒羽いつきの登場で注目を集め始めたゴキブリ駆除業界。日本の夏とは切っても切り離せない存在であるゴキブリと、彼らは今後も戦い続ける。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★