l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 0歳の頃から出来る赤ちゃんの習い事って?


0歳の頃から出来る赤ちゃんの習い事って?

赤ちゃんは体温調節をする機能がまだ未熟なため、汗をかきやすいので、外出時にどんな服を着せていいのか迷いどころです。ここでは、季節別の赤ちゃんとのお出かけ時の服の着せ方について簡単に解説します。

◆赤ちゃんの洋服選びの基本

赤ちゃんの服装の基本は、生後2か月までは大人と同じ枚数でそれ以降は大人の着ている枚数からマイナス1枚です。
一見「これでは寒いのでは?」と思うかもしれませんが、赤ちゃんはとても暑がりですし、汗っかきです。そのため、着せすぎてしまうと、逆に汗をかいて冷えてしまうということもあります。

また、新生児の頃はおくるみや肌掛けにいつもくるまれていますから、その分も考えて、どんな服を着せるか、考えておくようにします。
.
◆春・秋の洋服選び

まず春・秋です。春・秋は時間帯や天気の様子によって気温の上がり下がりが激しい時期です。そのため手軽に体温調節ができるカーディガンやべストがあるととても重宝します。

半袖で充分温かいと感じる時であっても、夕方になってくると一気に冷え込むということがあります。そうした時にさっと1枚着させることができれば安心です。
.
◆夏の洋服選び

夏は暑さとともに紫外線も気になる季節ですから、単に涼しそうな格好をさせるというだけでなく、余計な紫外線はできるだけ浴びないような服装にすることも大切です。

服の素材としては綿100%の天竺素材がさらっとして着心地も良いのでおすすめです。中にタンクトップの肌着を着ていれば汗を吸ってくれますのでべたつく感じもなく気持ちよく過ごせます。

また、帽子も忘れずに用意しておきたいアイテムです。特に夏は暑くなりますので、できるだけ通気性の高い素材の服を選ぶようにしましょう。
.
◆冬の洋服選び

冬の場合にはフライス素材のものなど、厚めで温かい素材のものを選びます。肌着の上にフライス素材のシャツを着て、中綿入りのジャンパーやジャンプスーツを着せるようにします。そこまで寒い日でないのであれば、フリース素材の羽織りなどを着るというのも良いでしょう。

この時に重要なことは赤ちゃんは暑がりで汗っかきであるということを念頭において着せることです。大人が寒く感じるとどうしても厚着にさせ過ぎてしまいますので要注意です。
.
◆出かけに不要でも必要になるもの

また、どの季節でも共通して言えることは、サイズの合った着心地の良いものを着せるということです。サイズが極端に大きすぎるとひっかけてしまって事故に つながることがありますし、小さすぎると窮屈で苦しくなってしまいます。

また、綿100%で汗を吸ってくれる素材であれば、常に気持ち良く着ることができ ます。特に長時間の外出の場合には朝・昼・夜と気温の変化もありますので、出かける時には必要でなくても、必ず上着を持っていくようにすると安心です。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★