あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【終活Q&A】終活をやるうえで、心がけなければならないことは?

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

【終活Q&A】終活をやるうえで、心がけなければならないことは? 

   

 Q.終活をやるうえで、心がけなければならないことは?

 A.健康第一。すべての計画は健康あってこそ

 「もし、寝たきりになったら、せっかく立てた老後の人生プランが台無し。お金の算段も総崩れになってしまいます。どれだけ綿密な計画を練っても結局は、健康あってのことですよね」

 そう話すのは、東京都北区の菅原昭子さん(62)=仮名。終活を意識し始めてから、いっそう健康的な生活を心がけるようになったという。健康を終活のベースに考えるシニアは少なくない。元気に生きてころっと逝く、「ピンピンコロリ」というわけだ。

 会社勤めなら、定期的に健康診断を受けるから、否が応でも健康と向き合うことになる。数値が悪ければ、「お酒を控えよう」「ウオーキングでも始めよう」という気にもなるだろう。

 しかし、これが定年後となると、ついおっくうがって、「調子が悪くなったら病院に行けばいいや」となってしまう。自治体で定期健診や検診の無料・割引サービスを行っている場合がある。広報紙などをマメにチェックしておくと、きっかけをつかみやすいだろう。

 認知症は趣味に打ち込むなど、積極的な活動が予防策といわれるが、苦手な人は認知症予防をうたうクイズ本を活用するなどして、とにかく頭を使う癖を忘れないようすることが肝心だ。

 健全なる終活は健全なる身体から。

関連記事




2
( 2017/05/31 11:46 ) Category ■終活Q&A・葬儀・墓・相続・遺言 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ
QRコード
QR