1

死亡者数2位 大腸がんと診断されたら知っておきたいこと

がんの中で肺がんに次いで死亡者数が多い「大腸がん」だが、比較的、手術で治せる可能性が高いとされる。発売中の週刊朝日ムック「よくわかる! がん最新治療シリーズ2 大腸がんと診断されました」では、大腸がん発症のメカニズムを専門医に聞いた。

*  *  *
 食べたものを消化・吸収し、排泄する役割がある消化管。その最後尾にあるのが、胃、小腸に続く大腸で、長さ1.5~2メートルの臓器だ。大きく分けると結腸と直腸があり、結腸は盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸からなり、直腸、肛門へとつながっていく。

 大腸がんには結腸がんと直腸がんがあり、日本人に多いのは直腸がんとS状結腸がんだ。S状結腸と直腸は便をためておく貯蔵タンクのような役割がある。このため便と接触している時間が長く、刺激を受け、がんが発生しやすいと考えられている。

 大腸は消化管の中でも特にポリープ(腺腫)ができやすい臓器だ。大腸がんが発生する経路には、この腺腫ががん化する場合と正常な粘膜から直接がんが発生する場合とがある。

 大腸がんの進行度を知るうえで重要なのは、がんの深さだ。大腸の壁は内側から順に粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜(しょうまく)下層、漿膜の五つの層からなる。がんはまず粘膜の表面に発生し、壁の外側へと深く侵入(浸潤)していく。粘膜や粘膜下層にとどまっているがんであれば「早期がん」、それより深くまで侵入していると「進行がん」となる。

 また、大腸がんは進行し深く浸潤していくにつれて、最初にがんが発生した場所とは別の場所に転移して増殖していく。転移にはがんがリンパ管の中に入り込んでリンパ節で増殖する「リンパ行性転移」、血管に入り、血液の流れにのって肝臓、肺などの別の臓器に移る「血行性転移」、増大したがんが大腸の壁を突き破り、おなかの中にばらまかれて増殖する「腹膜播種(ふくまくはしゅ)」がある。がんの進行度は、どれくらい深くまで進んでいるか、リンパ節転移やほかの臓器への遠隔転移があるかどうかによって決まる。

 大腸がんは比較的治りやすく、早期がんであれば、5年生存率は90%を超える。直腸がんと結腸がんで生存率に大きな差はないが、手術をした場合、直腸がんのほうがその後の生活に影響が出やすい。都立駒込病院・大腸外科部長の高橋慶一医師はこう話す。「肛門に近い直腸がんの場合、位置や進行度によって肛門を切除しなければならないケースがあり、その場合は人工肛門となります。また、肛門を温存した場合でも、結腸がんに比べて術後しばらくは排便回数が多くなるなどの影響が出やすい傾向があります」

関連記事
スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事