1

海外セレブ愛用中のチャーガ茶って? 期待できる効果や作り方!

チャーガ茶に期待できる効果について

チャーガ茶とは、チャーガという霊芝と呼ばれるきのこの近縁種を原料に使ったお茶のことを言います。チャーガは主にロシアや北米などの寒冷地を中心に生息しており、ロシアでは昔から民間医薬品として利用されているそうです。きのこ独特の癖もなく、まろやかな味わいなので飲みやすいと評判です。

〜期待できる効果〜
・アンチエイジング->チャーガには、SOD様活性物質が豊富に含まれていることから、腸内に存在するシミ・シワ・くすみといった肌トラブル全般の原因になる活性酵素を除去する作用があると言われています。

・免疫力UP->チャーガに含まれるβ-グルカンには免疫力を高める効果があるほか、紫外線に抵抗する免疫力もUPし、皮膚の健康状態を維持する働きがあるそうです。

・血糖値を下げる効果->チャーガには血糖値を下げるリグニンという成分が含まれていることから血糖値の上昇を穏やかにし、ダイエットや糖尿病予防・改善に良いと言われています。

・アトピー性皮膚炎を抑える効果->チャーガに含まれるミネラル・ビタミンA・βカロテンをはじめ、SOD様活性物質にはアトピー性皮膚炎を抑える効果があると期待されています。

・便秘解消効果->チャーガの成分の約7割が食物繊維で構成されているため、チャーガ茶を飲むことで腸内の活性化が促進され、便秘解消効果があると言われています。

チャーガ茶の正しい作り方

1.ティーバックにチャーガを5グラム入れます。
2.お水をいれたヤカンの中に1を投入し、30〜40分を目安に煮詰めていきます。
3.すぐに冷蔵庫に入れずに一旦冷まし、別の容器に入れ替え冷蔵保存しましょう。

<POINT>
チャーガの量は入れる程濃いお茶に仕上がりますが、味などを見ながらお好みで調節すると良いでしょう。あまり長期間保存せず、2〜3日を目安に早めに飲みきることをおすすめします。冷たいまま飲んでいただいても構いませんが、HOTにすることで血行が良くなり、冷え性改善や高い美肌効果が期待できますよ。

チャーガ茶に副作用はないの?

チャーガ茶にはカフェインが一切含まれていないことから、排泄障害・不眠症・精神不安定などカフェイン特有の副作用を引き起こす心配はないそうです。ただし、きのこアレルギーの方の場合、蕁麻疹や頭痛・吐き気・嘔吐などの症状が現れる危険性があると言われています。特に0〜3歳児の小さなお子様の場合、消化酵素の分泌が不十分であることからアレルギーが出やすい時期とされているため、チャーガ茶をご家族で愛飲する場合は様子を見ながら与えるよう注意しましょう。

関連記事
スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事