1

財津和夫が公表した大腸がん 検査の種類や方法は?


腸閉塞のため入院中に受けた精密検査の結果、大腸がんであることがわかったフォークグループ「チューリップ」のメンバーで歌手の財津和夫氏(69)。国内で新たに大腸がんと診断された人は約13万人(2012年)で、20年間で2倍以上に増えている。日本人の食生活の欧米化や高齢化などがその原因と考えられるが、大腸がん検査の種類や流れについて週刊朝日ムック『大腸がんと診断されました』(朝日新聞出版)で専門医に聞いた。

*  *  *
 がん検診や人間ドックを受ける、または自覚症状がある場合、最初に受ける検査は「便潜血検査」だ。便の中に混じった血液を調べる検査で目に見えない少量の出血も確認できる。2日間の便を調べるのが一般的だ。

 この検査で1日でも陽性となり、精密検査が必要と判定されるのは7%程度の人だ。しかし大腸がんと診断された人のうち、約3割は便潜血検査では陰性と診断されている。

 都立駒込病院大腸外科部長の高橋慶一医師が言う。

「便潜血検査では陰性だったとしても、便秘や下痢をくり返す、便が細切れにしか出ない、便が一度に出きらない、便の表面にゼリーのような粘液がついているといった自覚症状があれば、内視鏡検査を受けることをおすすめします」

 また、直腸がんの場合、「直腸指診」でがんが見つかるケースもある。肛門から直腸内に指を挿入し、腫瘍を見つける。病院によっては直腸指診を実施していない場合もあるが、症状があれば便潜血検査と同時に直腸指診も受けておきたい。
.

■腫瘍を直接観察する内視鏡検査

 これらの検査で異常があれば内視鏡検査を受ける。過去に腹膜炎などを起こして大腸に癒着があり、内視鏡を入れられない場合などは、代わりに肛門からバリウムと空気を流し込んで撮影する「注腸造影検査」を実施する。

 内視鏡検査は下剤で大腸内を空にしたうえで、肛門から内視鏡を挿入し、大腸の内側をモニターに映し出して調べる検査だ。腫瘍が見つかった場合、組織の一部を採取し、病理検査を実施して最終的に良性か悪性かを診断する。腫瘍が5ミリ~1センチの場合は内視鏡検査の延長でそのまま切除することもある。1センチを超える場合は、がんである可能性が3割程度あるので切除せずに病理検査の結果次第で治療法を決める。5ミリ以下の場合は良性の可能性が高いため、一般的には切除せず経過観察となる。

 診断の精度が高い内視鏡検査だが、大腸は長さが1.5メートル程度あり、さらにひだがあって屈曲しているため見逃されるケースもある。内視鏡検査で異常が見つからなかった場合でも、1年に1度は便潜血検査を受けておくことが必要だ。

 腫瘍が見つかり、病理検査で大腸がんであることが確定したら、転移の有無を調べるための「CT(コンピューター断層撮影)検査」や「MRI(磁気共鳴断層撮影)検査」、がんの位置や大きさを確認する「注腸造影検査」などでより詳しく調べていく。

関連記事
スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事