あなたの健康はお金で買えますか・・・? がん死亡率に「驚きの地域格差」があった!?
1

がん死亡率に「驚きの地域格差」があった!?

シニアにとって無視できないこの病。なんと、住んでいる場所と深い因果関係があるという。徹底リサーチすると!?

 今や、日本人の死因のトップとなった「がん」。国民の死亡総数のうち、なんと3割弱を占めるというこの疾病だが、地域によって死亡率が違うというその順位を最終ページの表で示したので、ご覧いただきたい。国立がん研究所の最新データベースから、人口10万人当たりのがん死亡者数を抽出し、全体および部位別に死亡率の順位をつけたのが同表だ。地域によって差があるのが、分かるだろうか。

 健康雑誌記者が語る。「全国平均を100とした場合、がん全体では死亡率ワースト1の青森県の比率は120以上。一方、47位(最下位)の長野県は約80と、実に1.5倍にもなるのです」

 肺、大腸、胃、膵臓、肝臓の5大がん別に見ると、この差はもっと顕著で、「たとえば肝臓がんの場合、ワースト1の青森県と、47位の滋賀県とでは実に約2.2倍。胃がんは、秋田県と熊本県で同じく約2.2倍にもなります」(前同)

 肝臓や胃ほどではないが、大腸では約1.8倍、肺では約1.7倍、膵臓では約1.6倍と、やはり歴然とした差がある。なぜ、これほどの地域格差が出るのだろうか。「昨年6月号の『中央公論』誌に掲載されたルポによると、地域格差が出る最大の原因は、全国に350か所ある『がん診療拠点病院』が、大都市や県庁所在地などに集中するためだということです。それ以外の地域に住む患者は、一定の水準を満たすがん治療が受けられず、死亡率が高くなるというのです」(同)

 同ルポでは、誰もが受診できるように拠点病院の早急な拡充を提言している。医療ジャーナリストの牧潤二氏が補足する。「ざっくり言えば、現在、かかりたくても拠点病院にかかれない空白地域は、全国で2~3割はあります。北海道や青森県、秋田県、鳥取県など、人口が密集していない地域の死亡率が高い理由の一つは、これでしょうね」

 とはいえ、大都市を抱える地域の中でも、ワースト入りしているところもある。これは、なぜだろうか。「大都市ならではの経済格差が原因かもしれません。残念ながら、いくら拠点病院が近くにあっても、なかなか病院にかかれない貧困層もいますから」(前同)

 なお、最近の研究によると、貧困層は喫煙傾向が強いために肺がんになるリスクが高く、また食事のバランスを考えない傾向も強いので、大腸がんにかかる可能性も高いのだという。

 さて、ここで、それぞれの地域にも注目してみよう。塩分の摂り過ぎは、胃がんの原因とされるが、「特に寒さの厳しい日本海側の東北・北陸地方は、食べ物を塩蔵する文化がありました。いまだに、その塩気の多い物をとる食文化が残っていることも大きな要因でしょう」(前同)

 では、同じ日本海側とはいえ、東北・北陸からかなり離れた鳥取県が、がん全体でワースト3入りしているのは、なぜなのか。「これに関しては、拠点病院の少なさもありますが、同県の飲酒率の高さも考えられますね」(前出の健康雑誌記者)

 厚労省のデータによれば、都道府県別で飲酒習慣者の割合が最も高いのは、青森県(52%)。次いで、鳥取県(49%)が堂々2位なのだ。いくら「百薬の長」でも、飲む量はほどほどにしておいたほうがよさそうだ。

 さらに、西のほうに目を向けてみよう。九州の7県は、全体ではどこもワースト圏内に入ってないどころか、むしろ良い位置につけているところも少なくないのに、なぜか肝臓がんに関しては、佐賀県が3位、福岡県が5位、宮崎県が6位に入っている。

 予防医療学を専門とする、新潟大学名誉教授の岡田正彦医学博士に分析してもらったところ、「がんの発生は、食生活や運動、患者それぞれの個別事情、遺伝などの、さまざまな条件が幾重にも重なっているわけで、一要因で語れるほど単純なものではありませんが……」と前置きした後で、“風土病”の可能性を指摘してくれた。

「かつて、ウイルス性の白血病が沖縄県、鹿児島県、宮崎県などに偏在していたことがあり、風土病とも言われていました。肝臓がんの原因も、約9割はB型、C型肝炎ウイルスですから、その可能性もないとは言えません」

 さらに東北地方については、「個々人の生活習慣や、他の要素もありますが、近年、遺伝子研究が進んだ結果、東北地方のがん死亡率が総じて高いのは、その地方で代々受け継がれてきたDNAが関係している可能性も考えられます」と示唆する。とはいえ、「これからの時代は、人々の交流が活発になり、同じ地域の人以外と交わる機会が増えるでしょうから、都道府県別の格差は次第に少なくなるでしょう」(岡田博士)

 さて、ここまで死亡率の高い都道府県ばかりに目を向けてきたが、逆に低い地域にも触れてみたい。がん全体の死亡率が最低の47位なのが、長野県。全国平均(100)との比率は80弱で、90前後の滋賀県(46位)および福井県(45位)と比べても、飛び抜けて優秀だ。

「長野県はかつて、脳卒中になる患者が多く、寝たきり老人も多かった。それで県民を挙げて減塩運動に取り組んだのです。また、長野は高原野菜の特産地で、一人当たりの野菜摂取量は全国一です。これが胃がんや肝臓がんの予防に、功を奏したのでしょう」(前出の牧氏)

 その結果、長野県は今や都道府県別の平均寿命でも、全国1位なのだ。これに対し、かつて長寿1位だった沖縄県は、がん全体で97.6と、全国平均よりちょっといいだけの位置にランクダウン。大腸がんでワースト2位に落ちたのが、凋落の原因だ。「厚労省データによると、沖縄県は肥満者の割合が45.2%と、全国で1位なのです。大腸がんの大きな要因の一つは食の欧米化と見られていますが、それは沖縄で顕著で、肥満者が多いのも、その結果かも」(健康雑誌記者)

 なお、岡田博士によれば、「さらに多大な時間とコストをかけて、正確なデータを収集しないと、科学的根拠のある地域格差は分からない」のだという。ともあれ、がんで寿命を縮めたくなかったら、次の5つのことを守るべきだろう。

・偏食しない
・塩分を摂り過ぎない
・喫煙は控える
・飲み過ぎない
・適度な運動をする

 47都道府県に共通する鉄則で、がんを防いで健康を心がけたい。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】