あなたの健康はお金で買えますか・・・? 高齢者の15%かかる認知症 疑いのサインは性格変わったなど
1

高齢者の15%かかる認知症 疑いのサインは性格変わったなど

2014年時点で65才以上の認知症患者は約462万人で、これは高齢者の15%にあたる。

また、4年以内に半数が認知症を発症するといわれる軽度認知障害(MCI)の数は約400万人と推計され(ともに厚生労働省研究班)、認知症予備軍の増加も見逃せない。

「認知症には、何度も同じことを言う、買い物で同じものを買う、慣れている道なのに迷う、などの症状があります。しかし、周りが疑って簡単な質問の答えを聞き出そうとしても、“さっきまで覚えていた”とごまかすことも多く、電話だけで気づくのは難しいかもしれません。

少しでも心配な点があれば、物忘れ外来などを上手に受診して」(福祉介護ジャーナリスト・代居(よすえ)真知子さん)

 また、老人性のうつ病は性格が変わる、ぼんやりするなど、認知症と似た症状も。配偶者との死別がきっかけになることもあるので、片親を亡くした際は特に注意を。

<認知症を疑うサイン>

【性格が変わった】
 医師より子供のほうが気づきやすいポイント。怒りっぽくなった、疑り深くなったなど、昔の性格と変わったら注意。

【物忘れしているのに「私は大丈夫」と言う】
 認知症は自覚がないことが多い。何度も同じことを言っているにもかかわらず「私は大丈夫」と言い張る傾向が。

【前にあった出来事を忘れる】
「昨日食べたものを思い出せない」は老化だが、食べたことそのものを忘れていたら、進行している可能性が高い。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】