l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 糖尿病の合併症はなぜ起こる?


糖尿病の合併症はなぜ起こる?

糖尿病で特に怖いのが合併症だ。糖尿病を放置していると、全身の血管が障害されてさまざまな合併症が現れる。旭川医科大学 教授の羽田勝計(はねだ・まさかず)さんが、糖尿病の三大合併症とそれらが起こる仕組みを解説する。

* * *

■糖尿病の合併症
日本の糖尿病の患者数は約950万人で、予備群を含めると2000万人を超すと見られています。特に地方では、車を使うことが増えて以前ほど歩かなくなったため、糖尿病を起こす人が都市部以上に増えているといわれています。これは、日本だけに限らず世界的な傾向です。

最近は、糖尿病の治療に前向きに取り組む人も増えていますが、今なお糖尿病のある人の約3割が、十分な治療を受けていないのが現状です。人数にすると、300万人以上になります。

糖尿病は、長い間自覚症状がほとんどありません。そのため、放置してしまう人が多いのです。しかし、糖尿病はその間も徐々に進行していき、合併症の症状が現れてくるころには相当に悪化しています。

■合併症が起こる仕組み
糖尿病は、慢性的に血糖値が高い状態が続く病気です。血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のことです。ブドウ糖は全身に運ばれてエネルギーになりますが、細胞に十分取り込まれず血液中に異常に増えた状態が糖尿病です。

血液中にブドウ糖が異常に増えた状態が続くと、全身の血管壁が傷つけられます。

その結果、さまざまな合併症が起こってきます。主な合併症には、細い血管が障害されて起こる糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害があります。太い血管も障害されて動脈硬化が進むため、脳梗塞、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症なども起こりやすくなります。

■細い血管に起こる合併症
糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害は糖尿病の三大合併症と呼ばれています。

■糖尿病網膜症
眼球の奥にある網膜の細い血管が、障害されてもろくなる病気です。進行すると、視力が低下して失明に至る場合があります。

■糖尿病腎症
腎臓の働きが徐々に低下していく病気です。腎臓は細い血管がたくさん集まった臓器で、その血管が少しずつ障害されていきます。ひどく悪化した場合、透析治療が必要になります。

■糖尿病神経障害
末梢(まっしょう)神経が障害される病気で、足のしびれや痛み、感覚麻痺(まひ)などが起こります。原因は、神経に酸素や栄養を送っている末梢血管の血流低下や、末梢神経そのものの障害です。非常に悪化すると、脚を切断するなどの事態に陥ることもあります。

※それぞれの合併症についての詳しい説明や治療法は、『NHK きょうの健康 2014年7月号』に掲載しています。

■『NHKきょうの健康』2014年7月号より

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★