あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【カラダの不思議】ATMのタッチ画面が反応しない!
1

【カラダの不思議】ATMのタッチ画面が反応しない!

「銀行ATMのタッチパネルを押しても、なかなか反応しない」という人が、ときどきいる。

 そういう人は「乾燥肌のせい」とか「加齢でカサカサしてきたんじゃないの?」などと言われることもあるが、タッチパネルと指の乾燥や体温など、「体質」って本当に関係しているものなのだろうか。

都内の某銀行インフォメーションセンターに聞いてみた。

 「こちらには特にそういったご意見は寄せられておりませんが、反応しにくいときの原因は、恐らく乾燥ではないかと思います」

 また、別の銀行のインフォメーションセンターに聞くと、こんな回答があった。

 「乾燥している時期は確かに、タッチ反応が悪いと聞くことはあります。そうした場合、機械を替えていただくか、何度も押していただくしかないと思います」

 やっぱり指の乾燥が原因なのか…。

 そこで、銀行ATMのメーカーに問い合わせたところ、こんな説明をしてくれた。

 「画面上のタッチ反応が悪いのは、乾燥や体温などが影響しているわけではありません。そもそも接触して反応するわけではありませんので」

 ATMは今、画面に光が入っている光学式タッチパネルになっており、端の方から赤外線を出し、交差するところを検出しているという。

つまり、空間の中で光を遮った位置で反応するため、体温や乾燥などの影響を受けるものではないそうだ。

 「寒い季節に誤動作が多いと思う方も多いようですが、乾燥ではなく、長い服を着ていることなどで、袖などが触れて反応してしまっている可能性はあります。

また、タッチしようとしている人さし指でなく、小指が先についてしまったりしている場合も考えられます」

 他に考えられる原因は「画面上のキーのないところに、モノを置いたりしている」「2点を同時に押している」「ATMの機械本体が汚れている」「光の一部が壊れている」などの可能性だそう。

 どうしても反応しない場合は、やはり機械を替えるしかないという。

 ATMが反応しない人は、「体質」ではなく、袖が触れたり、モノを置いていたりしても気づかない「行動パターン」「動作」のせいなのかも。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】