あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【気になるこの症状】「のどの乾燥」に注意! インフルの前触れに…水分摂取で予防
1

【気になるこの症状】「のどの乾燥」に注意! インフルの前触れに…水分摂取で予防

空気が乾燥するこの季節、のどのカラカラ状態には要注意。イガイガする、痛いなどの違和感があれば鼻の調子が悪く、口呼吸をしている可能性がある。対策を取らないと、風邪やインフルエンザに感染しやすいので気をつけよう。

 【口呼吸が乾燥の元】

 朝、起きると、のどがカラカラに乾燥していることがないだろうか。

 「温度、湿度がどうであれ、きちんと鼻呼吸をしていれば、のどは乾燥しません」と、東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科の楠山敏行院長が説明する。

 「鼻には加温・加湿効果があり、湿度30%の空気が通過しても、のどにきた時には90%になる。温度も体温近くまで上げる能力があります」

 のどが乾燥するのは口呼吸が多いため。原因は、病気ではアレルギーなどで起こる肥厚性鼻炎、鼻タケ(ポリープ)ができる重度の副鼻腔炎、へんとう肥大や肥満による咽頭の閉塞(へいそく)などが考えられるという。

 「アナウンスや会話の多い職業の人も、息継ぎで無意識に口呼吸をするので乾燥しやすい」

 【防御機能が低下する】

 のどの乾燥はインフルエンザ感染の前触れでもある。ウイルスに対する最初で最大のバリアが機能しなくなるからだ。

 「のどの粘膜には細かい線毛が生えていて、その上に粘度の低い粘液、さらに上に粘度の高い粘液が乗っている2層構造になっています。

正常なら一番上の層にウイルスが付着して、下のサラサラした層がベルトコンベヤー式に胃へ運ぶので感染しません。しかし、乾燥してこの輸送機能が低下すると、ウイルスが増殖して粘液を通り過ぎて粘膜に感染するのです」

 インフルエンザがのどに定着、感染すると、線毛が破壊されるという。

 「線毛の回復には3-4週間かかる。この間はバリアがない状態なので再感染しやすく、ぶり返すので要注意です」

 【ポリープの原因にも】

 のどが乾燥する人は鼻呼吸を心がけ、鼻の通りが悪ければ治療することが肝心。冬場はマスクをして、のどに入る空気の湿度を保つのも効果的だ。

 「室内全体の湿度調節を加湿器でするには業務用でないと難しいが、のどのためには湿度60%以上が理想です」

 声をよく出す仕事の人は、5分しゃべったら水をひと口飲むことを勧めているという。

 「声帯は乾燥すると振動しづらくなって、声が出にくくなる。無理に声を出すと声帯ポリープの原因になります。水を飲んでも直接、声帯には行かないが、水分を取ると副交感神経の働きで気道液が分泌されるので自然と声帯が潤います」

 のどの乾燥対策は、そのままインフルエンザ予防に直結する。年末に向けて万全に備えよう。

【のどの乾燥を防ぐ対策】
・鼻呼吸を心がける
・鼻の通りが悪ければ、きちんと治療を受ける
・室内でもマスクをする
・室内の湿度調節は60%以上が理想
・のどを頻繁に水で潤す
・あめをなめて唾液を増やす(唾液がサラサラするタイプがお勧め)

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】