あなたの健康はお金で買えますか・・・? 女性の性やデリケードゾーンの悩みへの対処ついて女医が解説

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

女性の性やデリケードゾーンの悩みへの対処ついて女医が解説 

読者アンケートによると、「夫とセックスレス」と感じている人は48%。一方、浮気経験がある既婚者は10.8%。してる人もしない人も、密かに悩んでいるアノ悩みに迫る!

【セックスが痛くて辛い!】

「更年期は、性交痛で悩む人が多く、性欲が落ちるのが普通。セックスしていないのは女として…という風潮には違和感が。無理する必要はないけど、ローションなどを活用してみる手も」と話してくれたのは産婦人科専門医であり性科学者の宋美玄さん。

【私のアソコゆるくない?】

 これについてはみどり美容クリニック広尾院長の満行みどりさんが答えてくれた。

「産後や加齢で腟がゆるくなると悩む女性も。腟の周りの筋肉を鍛えるトレーニングのほか、レーザー治療で腟粘膜を引き締める方法も。これは尿もれにも効果的で最近注目されています」

【10年以上なしで閉じちゃう?】

「腟炎の予防や健康のために、ときどき自分で触れて腟に風穴を開けることも大事。パートナーが替わった、新たに彼ができたという人も多く腟のうるおいのために女性ホルモン配合の軟膏を処法することも」(宋さん

関連記事



( 2017/06/11 14:27 ) Category ■女性専科・生理痛・更年期・膣・膀胱炎・口臭予防 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR