l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? ダイエット中のよくある間違い「朝食を抜く」「食品材料表示を見ない


ダイエット中のよくある間違い「朝食を抜く」「食品材料表示を見ない

いくら運動をしていても間違ったダイエットをしていては運動の効果も無駄になってしまいます。

間違った食べ物の選択、十分食べていないことさえ、運動で得られる効果を妨げ、体重を落とせません。ここではよくあるダイエットの間違いをお教えします。

1.朝食を抜く
エキスパートも朝食を抜くことは後々のカロリー貯蓄につながると言っています。一日の中でも最も重要な食事です。

2.はやりのダイエットに手を出す
すぐに目新しいダイエットに飛びついていませんか?新しいからやせた体になるのではと希望を抱きますが、ヘルシーで低カロリーな食事法など存在しません。そのように機能させるのです。長期間続けれる食事法を実践しましょう。

3.水を飲んでいない
水はダイエットの見方。でも多くの人が十分飲めてないのが現実です。のどが渇いていると思った時は、すでに水分が不足している証拠です。お水を肌身離さず持ち歩き、少なくとも大きなグラスに8杯は飲む努力をしましょう。

4.食事の代わりのダイエット食品
サプリやダイエット食品は食事の代わりになりません。体はフルーツ、野菜、穀物、たんぱく質からにビタミン、ミネラル、食物繊維を必要としています。自然食はいつでもダイエットに一番効く栄養価の最も高い食事です。

5.食品材料表示を見ない
低カロリーを食べてると思ってる割に、体重が減ってない?低カロリー表示のある食品をガツガツ食べがち。しっかり表示を見てみると、驚く発見があるはずです。

6.カロリーを計算しない
カロリーは体の燃料になりますが、活動量が少ない割にカロリーを多くとって、体重維持や体重を落とそうなんてありえません。食べすぎていいことなどないのです。

7.罪の意識を感じる
ついついドライブスルーでカロリーの高いものを買ってしまって後悔すると、それが悪影響になってしまいます。時には誘惑に負けてしまうのは当たり前です。ご褒美を与えた後は、元の食生活に戻るよう、気をつけたらいいのです。

関連記事
スポンサーリンク Ⅱ
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★