1

今すぐ何とかしたい 大人のニキビ119番!

思春期の象徴と思われていたニキビ。それが大人と呼べる年齢になった今でも突然できるのはなぜ?

「ニキビができるのは、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まることも一因ですが、乾燥によるターンオーバーの低下も大きな原因。ターンオーバーが乱れると毛穴の入り口がふさがり、炎症を起こしてしまうのです。その原因は食生活の乱れやストレス、ホルモンバランスの乱れなど様々」(松倉 HEBE DAIKANYAMA院長・草野貴子先生)

「現代女性はストレスや飲酒、睡眠不足などで免疫力が下がりがち。さらに、メイクの洗浄不足などで、ニキビが好む『栄養満点、高温、酸素が少ない』肌環境に陥りがちなのです」(タカミクリニック院長・高見洋先生)

10代の頃にできていたニキビとは全く構造が違うような気がするけど――。

「『毛穴の詰まり』という点では、思春期ニキビも大人ニキビも構造自体は同じ。ただ、10代の頃はホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂分泌が主な原因なのに対し、大人ニキビには『乾燥』も加わります」(草野先生)

「メイクで毛穴をふさぐことや摩擦で肌に刺激を与えることも大いに関係あり! 大人ニキビにはホルモンバランスの乱れ以外に、生活習慣も深く関わっています」(高見先生)

一方でニキビ肌の人ならではのメリットも!

「ニキビができやすい人の肌は比較的皮脂の分泌量が多く、乾燥しにくい傾向にあります。そのため、乾燥肌の人よりもシワができにくのだと思います」(高見先生)

ちなみに、肌と食生活には密接な関係があり、ニキビを悪化させる恐れがあるとされる食べ物もあります。チョコレートや揚げ物など、糖分や油分が多い食品はNGですが、意外に知られていないのが炭水化物。

炭水化物にも糖質が多く含まれるので、毛穴のつまりや過剰な皮脂分泌を引き起こす恐れが。女子に人気のもつ鍋も実は脂の塊。これまたニキビを作りやすい危険フードなのです。

関連記事
スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事