1

目からウロコの「ちょい足しスキンケア」で老け肌を絶対退治!

そこで今回は、忙しい方でも簡単に取り入れることができる、”ちょい足しスキンケア”についてお話していきたいと思います。

■炭酸水をちょい足し

「毛穴が黒ずんでいる」「でこぼこしている」「楕円形になってきた」など、毛穴に悩む女性は多いと思います。そして、この憎き毛穴をこってりしたベースメイクで隠して、なかったことにしている方も少なくないはず。

ですが、それでは油分の多いメイクが毛穴に入り込み、クレンジングでも落ちにくくなってしまいます。 

このように、汚れが残ったままの肌は毛穴トラブルだけではなく、ニキビもできやすくなるので、根本的な解決にはなりません。そこでオススメしたいのが炭酸水洗顔。炭酸ガスには、肌の不要な汚れや古い角質を取り除く効果があり、その後に使う化粧水の浸透を良くしてくれます。

洗顔料を泡立てるときと、最後のすすぎのときに炭酸水を使うと、気になる毛穴が目立たなくなるので、おススメですよ。

『美レンジャー』の過去記事「たったの10円でできる!? 自家製炭酸水を使った贅沢洗顔法とは」では、自宅で簡単に炭酸水を作る方法をご紹介しているので、参考にしてくださいね。

■オイルをちょい足し

20代後半からの皮脂量が低下した肌にオススメなのは、肌馴染みが良いオイルをちょい足ししたお手入れ法。オイルは肌内部にとどまって細胞間脂質に行き渡り、潤いのバリアを張ってくれるため、思わず触れたくなるようなモチモチ肌を実現してくれるのです。

効果的なちょい足し方法は、洗顔後にオイルを1、2滴手のひらに広げて、ハンドプレスをすること。すると、肌が柔らかくなり、次に使う化粧水の浸透が良くなります。また、リキッドファンデーションにオイルを1滴混ぜることで、乾燥対策にもなり化粧持ちが良くなりますよ。

これなら、忙しいときでもできるのでは? 毛穴や乾燥が目立つ”老け肌”にならないためにも、毎日のお手入れにちょい足しをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事
スポンサーリンク メイン3
カテゴリ
★★互助会推薦★★
最新記事