あなたの健康はお金で買えますか・・・? 死ぬまで現役 下半身のツボ 「セックスストレッチ」で無理なく下半身強化
1

死ぬまで現役 下半身のツボ 「セックスストレッチ」で無理なく下半身強化

人間、年齢を重ねると当然ながら“ガタ”がくるものだ。精力アップには適度な運動が大切といわれても、無茶をして体を壊してしまっては元も子もない。スポーツジムのインストラクター経験もある元AV女優の竹下ななさんもこう語る。

 「筋力トレーニングしかり、ジョギングや水泳といった軽めの有酸素運動であっても、腰や膝などを痛めて日常生活に支障をきたしてしまうケースもあります。また、アスリートでもない素人の方は、運動前のストレッチもあまりせずに体を動かしてしまうので、怪我もしやすいですからね」

 結局、体を痛めた揚げ句、ますます運動不足になってしまう--それどころか、腰痛など引き起こそうものならセックスどころではなくなってしまう。
 
こうした危険を回避するためにも、「シニア世代はまず、ストレッチをしっかり覚えるべき」というのが竹下さんの持論である。

 「実は、ストレッチだけでも十分に効果が期待できるんです。毎日続ければ、体は柔らかくなりますし、身も軽くなります。さらに精力を高めるストレッチもあるのです」

 確かに、ストレッチであればキツくもなく、毎日続けられそうだ。そこで今週からは、竹下さんが考案したシニア向け「セックスストレッチ」を伝授しよう。一回目は、我々男性が最も悩んでいる“中折れ”を防止するストレッチだ。

 方法は実に簡単。
 まず仰向けに寝て、両膝を立てる。

 「そこからゆっくりと、腰を浮かせてください。決して無理せず、きつくない程度で結構です」
 こうすると、ハムストリング(太ももの裏の筋肉)が張る感覚があるはずだ。

 「背中もできるだけ丸めず、まっすぐ伸ばすようにしてください。この姿勢のまま、深呼吸するように大きく息を吸って、ゆっくりと息を吐いてください」この呼吸法を3~5回繰り返す。

 これだけでOKなのだ。
 「このストレッチによって、全身に酸素が回り、新鮮な血液が供給されるんです。
しかも腰を浮かせていることで、股間に血液が集まってくるんです」

 ご存じのとおり、中折れが起こる最大の理由は、ペニスの海綿体に血液がしっかりと巡らないからだ。

 「セックス前にこのストレッチをしておくだけで、かなり中折れ率は下がると思います。もちろん、普段から元気な人はいつも以上にペニスが硬くなりやすくなります」

 さらに上級編としては、先ほどの体勢から「両手をお尻の下に回して、手を組みます。
こちらは結構キツイかもしれませんが、ここまでできれば、股間に供給される血液量も一段とアップしますよ」

 加えて肩甲骨も伸びることから、姿勢が自然と良くなるのだ。

 「背筋がシャキとしているシニア男性は格好いいですからね。モテモテになる上にアッチも元気(笑)。
さらに老練のテクニックもあるとなれば、若い女性も放っておくはずがありません(笑)」

 激しいトレーニング無しでもまだまだ現役! 有意義なシニアライフを送るために、頑張ってみよう。

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】