あなたの健康はお金で買えますか・・・? 肩甲骨内ストレッチで肩こりを気持ちよくほぐす - 1日1分からの筋トレ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

肩甲骨内ストレッチで肩こりを気持ちよくほぐす - 1日1分からの筋トレ 

ふだんの動きであまり使わない筋肉は、凝っていても気づかないことがあります。

以前紹介した前腕のストレッチも気づきにくい凝りのひとつです。

今回は肩こりの原因になっている肩甲骨周辺の筋肉を、気持ちよく伸ばすストレッチを紹介します。

Step1:真っすぐ立ち、左手を腰に当てて肘を開きます
Step2:右手で左腕の肘をゆっくりと身体の前側へ引き寄せます
Step3:左右交互に行います
肩甲骨の内側の筋肉が引っ張られているように感じられれば問題ありません。

猫背になってしまうとストレッチできなくなるので、胸をはるイメージをもつといいでしょう。

1回の時間の目安は10秒ほどです。

ゆっくり引っ張りながら息を吐きます。

引っ張られて気持ちいい筋肉に意識を向けるとより効果的です。

特に背中側の肩周りは手が届きにくいので、温めるのが難しい場所です。

肩を冷やすと肩こりがひどくなることもあるので、ストレッチは逆に温めながら行うといいでしょう。

筋肉がほぐれやすい状態を作りながら、ストレッチをすることをオススメします。

ストレッチを始めたばかりの頃は特に、まだ習慣という意識がないため、つい忘れてしまいがちです。

更に面倒だと思ってしまえば、継続は難しいですよね。

効果を期待するためにも、1日1分や何かをしながらでのストレッチを、1日1種類できればOKぐらいの気持ちが重要です。

ストレッチの気持ち良さが分かってくると、自然とふだんの生活の中にストレッチを取り入れたくなってくるはずです。

関連記事



( 2017/06/16 13:48 ) Category ■膝・腰・肩・首・手・足・腕・猫背・頭・こむら返り | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR