あなたの健康はお金で買えますか・・・? 40代以上女性1/3が尿もれ経験有 ケア商品市場2桁成長続く
1

40代以上女性1/3が尿もれ経験有 ケア商品市場2桁成長続く

高齢者が、介護用品として使う…。そんなイメージはもう昔の話。

 尿もれケア商品を販売するユニ・チャームによれば、40代以上の女性の3分の1が尿もれ経験者。そして、2012年度の尿もれケア商品の市場規模は約267億円で、2009年から毎年、2桁成長が続いているという。

「尿もれに対するマイナスイメージを払拭しつつあることが、大きいと思います。パッケージデザインもかわいらしいものを採用し、ネーミングも“尿もれ”から“吸水”に変更。

 また、若い世代のかたも気軽に買えるような売り場作りも心がけました」(ユニ・チャーム広報)

 そういえば最近、生理用ナプキン売り場に“吸水”と書かれた商品をよく見るかも。でも、尿もれ経験のある40代の本誌読者に聞くと…。

「気にはなるけど、まだ買ったことがない」

「どれを選べばいいかわからないから、生理用品で代用していた」

 という声の多いこと! でも、生理の経血と尿では“粘度”が違うので、代替としては不向きなんです。

 2月20日を“尿もれ克服の日”に制定した元尿もれ患者のボランティア団体・ひまわり会の事務局・山岡智保さんによれば、

「2005年から年に2~3回、無料電話相談を行っていますが、回線がパンク状態になることも。やはり、“今まで誰にも言えなかった”という人が多く、1回の相談も濃密になるんです」。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】