l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? コンドームはすべての性感染症に万能なのか?


コンドームはすべての性感染症に万能なのか?

コンドームがHIVなど様々な性感染症に有効であることは知られています。

ところが、です。アメリカの国立衛生研究所のレポートでは、他の性感染症(STD)の全てに効果があるという十分な証拠はないという、かなりショッキングな報告がなされているのです。

◆コンドームを正しく使うということ
レポートでは、アメリカの成人の5人に一人がSTDに感染しており、毎年約1500万人が新たに感染すると報告されています。しかし、この研究の多くは母数が少ない、STD感染クリニックの患者などリスクが大きいグループで行われたものだと指摘されています。

それでも、このレポートの結論から言えば「コンドームはSTD予防に効果が期待できるので、正しく使いましょう」ということに変わりはありません。

コンドームの正しいつけ方を知っていますか?なかなか人には聞けないことですが、やり方を間違えると効果がありません。自分にあったサイズを選ぶ、爪などでコンドームを傷つけない、挿入前につけることが、3大ポイントになります。

確かに、STD予防のためには、口腔性交や肛門性交でもコンドームを使うべきです。

◆STD予防のためにできること
事前にシャワーを浴びましょう。コンドームを使っても、体のどこかに感染症の原因になる病原菌が付着しているかもしれません。事前、事後のトイレもお勧めです。性器に近い部分も清潔にしておきましょう。

生理中の性行為もNGです。女性は粘膜がデリケートになっているので、傷つくと感染の危険性が高まります。また女性の血液から感染する危険性もあるのです。

タオル、かみそり、歯ブラシなども共有してはいけません。血液や病原菌による感染のリスクがあるからです。

◆本当の愛を形づくるために
本当に愛し合って、相手を大切に思うなら、STDの危険性を避けたいと思うのは当然のことです。もしパートナーからコンドームの使用を求められても、それはお互いの健康をハッピーに考えているからだと頭を切り替えましょう。

信頼と健康が心地よさの秘訣です。相手を尊重できる関係こそが真の幸福を導いてくれるでしょう。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★