あなたの健康はお金で買えますか・・・? 女性も他人事ではない!洗い過ぎも「薄毛」を助長する

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

女性も他人事ではない!洗い過ぎも「薄毛」を助長する  

   

髪の毛は美容的要素が強いですが、紫外線や衝撃から頭皮を守ったり、脳を高温、低温から守ったりと、さまざまな働きがあるのです。

30代では、当たり前に髪が生えている方が多いのですが、最近は女性の薄毛も多くなってきています。お風呂の後の排水溝を見て驚く方も多いと思いますが、あまりにも抜け毛が多い場合は将来の薄毛の心配をした方がよいかもしれません!

■その抜け毛は大丈夫!?

髪の毛が抜けるのは、生え変わるサイクルがあるためです。ある程度まで育つと髪の成長は止まり、そのまま表面に押し上げられ、抜けていきます。

髮は2〜5年の活動期と3〜4ヶ月間の休止が交互に訪れ、活動期には毎日0.3〜0.5mmずつ伸び続け、休止期には抜けるという仕組みなのです。これも個人差はあるものの、平均して70〜100本程、それより多いから薄毛になりやすいとは言い切れませんが、なるべく予防をしてく方がよいですね。

■髪の毛が抜けやすい行動

日常生活で髪の毛が抜けるタイミングは、睡眠、ドライヤー、タオルドライ、洗髪という順で抜ける本数が増えていきます。やはり髪の毛を洗っている時は圧倒的に抜ける本数が多く平均して50本程が抜けるという研究があるのです。ゴシゴシという洗い方ではなく、優しく泡で洗う事で、抜け毛を減らす事ができます。

■お洒落な茶髪が薄毛を導く!

頭皮や毛穴、毛根のコンディションが悪いと髪の毛も育たず、薄毛に近づいていきます。また、髪の毛は頭皮を紫外線や怪我などから守り適度に皮脂を分泌して頭皮を良いコンディションに保つという髪の毛と頭皮はお互いを守る役割があるのです。

抜け毛が多くなり、髪の毛が無くなってくると、頭皮トラブルがおきやすく、さらに薄毛の心配も増え、悪循環となってしまいます。シャンプーのしすぎや脱色、パーマをかけるなど、頭皮にダメージを与えると薄毛になる可能性もあるのです。

暴飲・暴食、偏食やダイエット、アルコール、タバコなどの生活習慣や精神的ストレスがあると、これからまだ2~5年も伸び続けるはずの髪の毛が、早く抜けてしまいます。髮は女性を更に綺麗に見せる大切なもの。是非、お顔と同じように、優しくケアしてくださいね。

関連記事




2
( 2017/06/18 02:21 ) Category ■薄毛・植毛・頭皮・ハゲ・フケ・白髪・抜け毛・カツラ | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ
QRコード
QR