l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 夏の血圧低下、高血圧の人もご用心 水分補給忘れずに


夏の血圧低下、高血圧の人もご用心 水分補給忘れずに

血圧は季節によって変動する。気温が上がるこれからの時期は、血圧が低下しやすい。高血圧の人でも、下がり過ぎで不調に陥る場合も。夏ならではの血圧対策をおさえておこう。血圧はストレスや睡眠不足、塩分の取り過ぎ、飲酒のほか、気温の変化など様々な要因で上下する。一般的に血圧は寒い冬に上がり、暑い夏には下がる。

 東京逓信病院(東京・千代田)の平田恭信院長によると、夏に血圧が下がる要因は2つある。「気温が上がり、体内の熱を放散するために血管が拡張する」。さらに「汗を多量にかくと、血管内の水分と塩分を失う」。血圧が低めの人や高齢者はこの時期、血圧が下がり過ぎてだるさや立ちくらみ、ふらつきなどの症状が出ることがある。茅ヶ崎メディカルクリニック(神奈川県茅ケ崎市)の柘植俊直院長は「高齢者は血圧を調節する力が低下しているので、若い人なら問題にならない程度の血圧の低下でも症状が出やすい。転倒の原因にもなる」と注意を促す。

 日ごろ血圧が高い人も、夏は普段より低めの血圧値が出ることがある。だからといって安心してはいけない。降圧剤を服用している人は、冬場と同じ薬を夏に飲むと、血圧が下がり過ぎることがある。 「ふらつきや立ちくらみが起きる、収縮期の血圧(上の血圧)が100ミリを下回るというのは、明らかに下がり過ぎ」と平田院長。柘植院長も「複数の降圧剤を使っている人、利尿剤を飲んでいる人と高齢者は特に下がりやすいので要注意」と指摘する。

 この時期は血圧を日常的に測定して、数値の変化に敏感になろう。気温が上がり始める5月から6月にかけて、血圧が普段よりも下がる傾向があれば、医師に相談を。「薬の量を減らしたり、別の種類に替えたりして調整する。薬も“衣替え”が必要」(柘植院長)と語る医師もいる。日常生活の注意点は何か。普段の血圧の高低にかかわらず、この時期は熱中症対策が必須だ。「熱中症になると、血圧が高めの人でも急激に血圧が低下するので、非常に危ない。熱中症の予防がそのまま血圧変動対策につながる」と平田院長は指摘する。

 そのためには、こまめに水分を補給する。夏は体内の水分が減って血圧が下がったり、血液がドロドロになったりして、心筋梗塞や脳梗塞も起きやすい季節だ。脱水状態にならないように注意したい。多量の汗をかいたときは、塩分を含むスポーツドリンクなどを飲むとよい。日ごろから血圧が低く、夏のだるさがつらい人は「この時期、食塩を普段より多めに取るのも手だ」(平田院長)。ただし血圧の高い人は、夏でも減塩の食事を心がけよう。

 血圧の低下による立ちくらみやふらつきは、失神や転倒につながる場合も。起床時や椅子から立つ時、急に立ち上がらないようにする。血圧の下がり過ぎを防ぐのは重要だが、これだけでは不十分だ。実は夏には、血圧が上昇しやすい要因がある。例えば暑い屋外と、冷房が効いた室内との温度差。「一般に温度差が5度を超えると、血圧が上がるといわれる」と平田院長。冷房の効きすぎで急に体が冷えると、血管が収縮し、血圧が上昇しやすい。高血圧の人は要注意だ。
 
暑いとビールを飲む機会も増える。アルコールを取ると血管が拡張し、一時的に血圧が下がるが「アルコールが体内から抜けた翌朝、リバウンドで血圧がぐっと上昇する」(平田院長)。血圧が下がりやすい夏だが、高血圧の人も油断せず、血圧の急激な変動に気を付けて乗り切ろう。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★