あなたの健康はお金で買えますか・・・? まさか!? 食物繊維で便秘が悪化する衝撃の事実が発覚
1

まさか!? 食物繊維で便秘が悪化する衝撃の事実が発覚

便秘だとつい、「繊維質のあるものを摂らなきゃ」と思いがちですが、食物繊維を摂って、便秘が悪化する場合もあるのです。

本来、食物繊維は消化管運動を盛んにして便の量を増やす作用があるため便通が良くなるものだったはず……。今回は日本消化器病学会認定消化器病認定医の一原先生にお話を伺いました。

■食物繊維の摂り過ぎで宿便が増える!?

食物繊維はほとんど消化されずに大腸に到達し、食物のカスがくっつき固まって、便を形造る芯になります。食物繊維が多ければ多いほど大腸内の便が増え、腸管を刺激して腸の動きが促進されて便通が良くなるわけですが、一回の排便で出てくる便は直腸に下りてきた便だけなのです。

「直腸以外の便は、順番に直腸へ運ばれるのを待っているのです。これが宿便と言われるもの。食物繊維を多く摂るということは宿便も増えているということです」(一原先生)

■排便回数が多くても便秘

通常の排便の頻度は1日3回~1週間に3回と言われています。しかし、これより少ないからといって便秘というわけではなく、回数は一つの目安。

回数が多い少ないではなく、その人の“普段”と比べて、回数が少なく排便がつらくなる状態を便秘というのです。

■食物繊維を避けた方がよい便秘

食物繊維をたくさん摂っているのに便通が悪く、お腹が張るという人がいます。その原因は腸の動きが悪くなる要因が身体に備わっているのかもしれません。

「腸管が長い、腹筋の力が弱い、排便を我慢する癖がついている方などは、食物繊維の摂りすぎはかえって宿便を増やすことになり、お腹が張ってしまうのです」(一原先生)

そんな時は、食物繊維の摂りすぎに注意して、糖分のない水分、お茶やお水の摂取を心がけ、できるだけ運動をすることが大切になってきます。

それでも解消しないときは我慢しないで、医師や薬剤師に相談した上で、緩下剤を服用するのも方法です。また、便秘が長引く場合は大腸がんなど重大な病気の可能性もあるため、早目に専門医に相談することが大切です。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】