あなたの健康はお金で買えますか・・・? 絶好“腸”ニッポン(4)現代人を襲う「腸管バリア機能」の低下 乳酸菌は強い味方!
1

絶好“腸”ニッポン(4)現代人を襲う「腸管バリア機能」の低下 乳酸菌は強い味方!

ここまでの連載で、現代人の健康維持や老化の予防に「腸」が大きな役割を果たしていることがおわかりいただけたと思う。では、忙しい現代人ができることはなにか。最終回の今回は、腸の健康に欠かせない乳酸菌の可能性をさらに追求していこう。

 病原菌やウイルスなどから体を守ってくれる「腸管バリア」機能が、健康な暮らしを実現するために重要な役割を果たしている事実を、前回お伝えした。この腸管バリア機能、実は現代生活の中でさまざまな脅威にさらされている。

 腸管バリア機能を低下させる原因が、腸の「炎症」にあると指摘するのは順天堂大学医学部の小林弘幸教授だ。

 日本体育協会公認スポーツドクターでもある小林教授は、わが国初の便秘外来を開設するなど腸のスペシャリストとして知られる。ちなみに、便秘外来は初診6年待ち(!)という人気だ。

 20年以上に及ぶ研究の中で自律神経バランスの重要性に着目し、自律神経研究の第一人者として数多くのトップアスリートや芸能人のコンディショニング、パフォーマンス向上の指導にも携わり、テレビ、雑誌等多方面でも活躍中。その小林教授によれば、腸の炎症を示す重要な症状が「便秘」だ。

 便秘は食事の変化やストレスなどで誰もが経験するものだが、慢性化する例も多く軽視は禁物。大腸がんなど深刻な病気の温床にもなる。極端な例だが、小林教授がこれまで治療したなかには、何年分もの排泄物が直腸にたまって固形化し、やむなく手術して取り出した固形物は金槌で叩いても壊れなかったという例もあるそうだ。

 「たかが便秘、されど便秘。便秘が慢性化すると腸だけでなく全身にも悪影響を及ぼします。便が腸内に長時間滞留すると異常発酵を起こして有害物質を発生し、悪玉菌が増えて腸内環境がどんどん悪くなります」

 便秘により腸内に発生した硫化水素やアンモニアなどの有害物質は血液中に取り込まれて全身を巡る。すると、汚れた血液がからだじゅうに運ばれることで肌が荒れるといったことだけでなく、肝臓、心臓にも影響が及んでやがては病気にもなりかねない。小林教授が続ける。

 「便秘が慢性化すると腸自体がむくんで腫れぼったくなり、動きも悪くなります。便秘を解消しようと刺激性のある下剤を多用して腸の粘膜が黒く変色してしまった人もいます。これらは腸の炎症によるもの。つまり便秘は腸の炎症を引き起こす元凶なのです」

 腸の慢性的な炎症は、腸に3つの異変をもたらす。1つ目は腸管粘膜という組織にある絨毛(じゅうもう)が平板化して短くなること。絨毛が短くなると腸管バリア機能が低下して免疫力の低下を招く。また、絨毛は食べた栄養素を取り込むはたらきをするため栄養素の吸収が悪くなる。

 2つ目は腸壁にある腸を動かすための筋肉がむくんで、腸の動きが悪くなること。3つ目が腸の筋肉を動かすための神経細胞が変性してしまうことである。

 「腸の炎症が抑えられると、絨毛が短くならず、その高さが維持することができ、そのため免疫の低下も抑えられるのです。同時に栄養素の吸収もよくなるため、血液の流れが改善されます。血液がきれいに流れることで病気や老化の予防につながるというわけです。

さらに大事なことは、腸内環境の改善による自律神経系の安定です。自律神経系が安定することは、腸の動きを良くし、血液の流れを改善すると考えられるのです」

 一般的には40歳以上になると、腸内では善玉菌が減り腸内環境が乱れるといわれている。小林教授が指摘する腸の細胞の変化はまさに腸の老化現象そのものといえそうだ。

 では、腸の老化を防止する術はないのか?そんなことはない。

 「腸の老化は年齢だけでなく食事などの生活習慣にも左右されます。最近、加齢とともに腸内細菌叢のバランスが崩れ慢性炎症の起こりやすい環境がヨーグルトの日常的な摂取で改善したというマウスの研究が行われました。

乳酸菌の摂取により腸管バリア機能を高める可能性を示す報告もあります。便秘外来の患者さんを診ている限り、ヨーグルトは1カ月程度続けて食べることで効果が出始めるようです」(小林教授)

 腸の健康には「バランスのよい食事を心がける」「規則的な生活を送る「ストレスをためないようにする」などのライフスタイルの見直しが必要なことはいうまでもない。

そして、その上で、毎朝、欠かさずにヨーグルトを食べるなど乳酸菌の継続的な摂取は、忙しい生活の中で手軽にできる方法として大いに役立ちそうだ。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】