l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 以前は「高脂血症」と呼ばれていた「脂質異常症」。一体どんな病気?


以前は「高脂血症」と呼ばれていた「脂質異常症」。一体どんな病気?

今や生活習慣病の代表選手とも言える、高脂血症。高脂血症とは血中のコレステロールや中性脂肪が多すぎる状態のことです。

コレステロールと聞くと動脈硬化の原因となる悪者のように思われがちですが、コレステロールにはHDL(善玉)とLDL(悪玉)とがあり、HDLは逆に血管に蓄積したコレステロールを取りのぞいてくれる働きがあるので、問題なのは血管壁に取り込まれて蓄積するLDLの方です。

つまりHDLに関しては少ない方が危険であることから、「高脂血症」という呼び方は不適切とされ、2007年からは代わって「脂質異常症」と呼ばれるようになりました。

◆脂質異常症の特徴とは?

本来私たちの血液にはコレステロールの他にも中性脂肪、リン脂肪などといった脂質が含まれており、これがホルモンや細胞膜の材料となったりエネルギーの貯蔵庫として働いたりしています。

つまり私たちの体になくてはならないものであり、血液中の脂質を常に一定に保って健康な状態を維持できるように肝臓が働いているのですが、体外から入ってくる脂質の量が多くなりすぎると肝臓の調整機能が追いつかなくなり、

血中のLDLコレステロールや中性脂肪が多くなりすぎたりHDLコレステロールが少なくなってしまったりするのです。

この状態が長く続いた場合に、脂質異常症と診断されるわけです。診断基準としては、血液中の総コレステロールが220mg/dl以上、中性脂肪が150mg/dl以上、LDLコレステロール140g/dl、HDLコレステロールが40mg/dl未満とされています。
.
◆脂質異常症の主な原因とは?

生活習慣病と呼ばれている通り、脂質異常症の原因の多くは不健康な生活習慣によるもので、特に肉類や油物中心の食事や暴飲暴食、アルコール摂取などの食習慣が大きく関係しており、加えてタバコや慢性的な運動不足によって疾患に拍車がかかります。

しかし遺伝的なものが原因である場合も珍しくなく、バランスのとれた適切な食習慣と運動習慣を維持しているにもかかわらず、脂質異常症をかかえる人もいます。

このような遺伝的な原因による脂質異常症を、「家族性高コレステロール血症」と呼びます。

生活習慣による脂質異常症の場合はほとんど自覚症状がありませんが、家族性高コレステロール血症の場合には、アキレス腱が厚くなるアキレス腱肥厚や手筋が黄色く盛り上がる手掌線状黄色腫といった症状がみられることがあります。
.
◆脂質異常症にならないために

脂質異常症の予防は、やはり健康的な生活習慣を身につけることです。特に中性脂肪とLDL(悪玉)コレステロールを減らす食事を心がけましょう。同時に血液をサラサラにする海藻類や玉ねぎなどを積極的に摂ってください。

また有酸素運動を並行して行うことで一層予防効果が高まります。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★