l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 睡眠時無呼吸症候群 メタボと連動して心臓病を悪化


睡眠時無呼吸症候群 メタボと連動して心臓病を悪化

睡眠中に呼吸停止の状態を繰り返す睡眠時無呼吸症候群(SAS)は心臓病を悪化させる原因の一つであることが、吹田市立吹田市民病院(大阪府吹田市)の研究で分かった。

睡眠中の体内の酸素不足が動脈硬化を抑える善玉タンパク質「アディポネクチン」の分泌量低下に関わり、夜間に心筋梗塞など重症の心臓病が発症しやすくなるとみられる。SASは体重の減量、睡眠時の酸素補給などの治療で改善できるため、睡眠の質、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の有無など早めの健康チェックが大切だ。

・分泌量増やす

 研究にあたったのは、中川靖彦・循環器科部長、樫根晋・内科医長ら。中川部長は、夜間に心筋梗塞などを起こして緊急入院する患者がSASを合併しているケースが多いことから関連を調べた。

 心筋梗塞など冠動脈の病気は、動脈硬化で血流が妨げられて起きる。それを修復するアディポネクチンの量が変動しているのではないかと考え、血液検査で測定。その結果、重症のSAS患者ではアディポネクチンが低下しているうえ、夜間に大きく減少。内臓脂肪の蓄積量を示す指数(ウエストとヒップの周囲径の比)でみると、内臓脂肪が多いSAS患者ほどその傾向が強かった。

 内臓脂肪の蓄積に加え、無呼吸状態の酸素不足によってアディポネクチンの分泌量が減り、血管の修復が十分にできなくなるというわけだ。

マウスやその培養細胞を使った実験では、低酸素状態にするとアディポネクチンをつくる遺伝子が働かず、製造されても細胞外に出なかった。別の実験では、低酸素の悪影響が皮下脂肪よりも内臓脂肪に大きく出ることが分かった。

また、冠動脈疾患(心臓病)になるリスクを持つ患者について行った心臓カテーテル検査では、診断基準でメタボとされる内臓脂肪蓄積の面積(100平方センチ以上)でSASを併せ持つ患者は、30人中28人(93%)に高度の冠動脈狭窄(きょうさく)を持っていた。内臓脂肪が基準未満でSASもない人の高度の狭窄は7人中1人(14%)だった。

 中川部長は「SASとメタボが合併すると夜間に心筋梗塞を起こしやすいだけでなく、動脈硬化が悪化しやすく、アディポネクチンの分泌量の変化が関係していることが示せた。SASやメタボの治療でアディポネクチンの分泌量を増やせれば、心臓病が防げる可能性もある」と話す。

・内臓脂肪を減らす

 一方、樫根医長はSASと肥満などが原因の2型糖尿病との関係を調べた。

 教育入院した患者40人のうちSASがあるのは31人で全体の約8割。これは健常者を含めたSAS有病率と比べてもかなり多い。SASによって呼吸が停止する頻度を調べたところ、内臓脂肪の蓄積量の増加に比例し、高くなっていた。逆に教育入院によって内臓脂肪が減少すると、頻度が低くなっていた。

 樫根医長は「内臓脂肪を減らすことでSASも糖尿病もよくなる。いびきは自分では分からないので周囲の指摘をよく聞いて受診するとともに、内臓脂肪は比較的容易に減らせるため、体重3キロ減など目標を立て、確実に実行してほしい」としている。

【用語解説】睡眠時無呼吸症候群(SAS)

 睡眠中に呼吸が停止する病気。咽頭など上気道の狭窄により喉が塞がることなどが原因とされる。40~60代の働き盛りの人に多く、睡眠不足で昼間の勤務中に居眠りし、運転ミスなど重大な事故につながる可能性もある。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★