l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 思わぬ盲点が発覚!エステティシャンに嫌われる人の特徴


思わぬ盲点が発覚!エステティシャンに嫌われる人の特徴

女性には、家族や彼氏以外の人に裸を見られる時があります。それはエステの時。フェイシャルエステではすっぴんを見られ、ボディエステでは、時には完全なる裸を見られることもあります。

「恥ずかしいけど、綺麗になるため……」と決死の思いで身を任す女性に、エステティシャンは優しく接してくれますよね。

しかし、身を任すのはいいのですが、プロの立場からは「この状態は施術しにくい!」という場合があることをご存知でしょうか?

そこで今回は、より効果を出す為にもマナー的にも、エステを受ける際に最低限押さえて欲しいことを、現役エステティシャンの筆者がご紹介したいと思います。

■エステティシャンが困る人の特徴2つ

(1)全身乾燥している

フェイシャルエステの場合は、乾燥を改善しに来るのでいいのですが、ボディの施術の時は、乾燥がひどいと施術効果が下がってしまう恐れがあります。

例えば、アロマオイルでのトリートメントでは、オイルが足りなくなりがちで滑りが悪く、気持ちよさが半減してしまうことも。

また、最近流行の脂肪燃焼効果があるとされるラジオ波も、乾燥がひどいと必要以上に熱く感じることもあります。

エステによっては、最初にシャワーを浴びることもできますが、せめて前日には保湿クリームを塗っておいた方が、効果も感じやすくなります。

(2)お風呂に入っていない

忙しくて1日お風呂に入っていないだけでも、垢が溜まります。

こちらもオイルを使った施術の時に困ることがあります。オイルを肌の上に滑らせていくと、垢がポロポロ出てきてしまい、受けている側も気持ちがよくありません。

とくにゴシゴシ洗う必要はありませんが、気持ちよく受けるためにも、施術前日には垢を落としておくのがオススメです。


■エステティシャンが特に気にしないこと2つ

(1)むだ毛

最近はむだ毛の処理が当たり前になってきています。

とくに皮膚に直接触れられるとき、むだ毛の処理ができていないと無性に恥ずかしく感じることがあり、「すみません、毛剃ってないのでチクチクすると思います」と事前に教えて下さるお客様も意外と多いです。

しかし、毛はもともと皆に生えていますし、アロマトリートメントの時は、筋肉やリンパなど“体の中”に向かってアプローチしているので、表面に毛が生えていても気になりません。

(2)足の臭い

臭い自体は誰でも苦手だと思いますが、ほとんどのエステではフットバスやシャワーなどで拭いてくれたりします。

また、それらがないサロンでも、ホットタオルはほとんどのサロンに用意されていますので、どうしても気になる人は「ホットタオルありますか?」と希望すれば借りることができます。

いかがでしたか? 意外と毛より肌のケアの方が、臭いより垢のほうが効果的にもNGということです。せっかくお金を出して受けるのですから、より効果が出やすいように気をつけてみて下さいね。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★