あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【女医ドル】腰痛対策で楽々ゴルフ!姿勢に注意して~♪
1

【女医ドル】腰痛対策で楽々ゴルフ!姿勢に注意して~♪

ゴルフをすると腰が痛くなるという声をよく耳にしますが、ご安心ください。ゴルフは老若男女楽しめる素晴らしいスポーツです。無理なスイングで腰を痛めることは確かにあります。

しかし、腰痛の原因がスイングからくる割合は実は多くありません。では何が多いのでしょうか。それはプレー以外での長時間の良くない姿勢です。この点を考えてみましょう。

 車の運転、庭掃除、草むしりなど前かがみになった姿勢を続けると腰痛を引き起こしやすくなります。

ゴルファーのほとんどは車でゴルフに出かけます。そして、到着するとラウンド前にパター練習で前かがみの姿勢を続けます。これでは腰痛になるための準備体操をしているようなものです。

 長時間にわたる運転の場合はパーキングエリアで休憩し、立ち上がって体をそらし腰を伸ばしておくことで、腰痛のリスクを減らすことができます。

 また、乗車中は椅子に取り付けるタイプの腰痛予防クッションもおすすめです。よい姿勢をサポートしてくれます。

 パター練習の際には、時間を決めて休みを取り、腰を伸ばすようにしましょう。

 そして、無事にラウンドを終えて体が疲れているときに入浴。身体を休めてリラックス…とここまでは良いのですが、すっかりほぐれた身体で再びキャディーバッグを抱え、車で長時間自宅までのドライブがあります。

 中には家に帰らず、今日のプレーを振り返りながら一杯、なんて方もいることでしょう。スポーツでほぐれた身体はいつもより増して姿勢が崩れやすく、長時間座り続けると腰痛になる危険性がさらに高くなるのです。

 スポーツ後のリラックスした時間も、できるだけ腰に負担がかからない良い姿勢を選びたいものです。思いあたる方は、これらをぜひお試しくださいね。翌朝の痛みも今までとは少し違ってくるかもしれません。

 簡単にできる腰痛対策にはこういった普段の姿勢に気をつけること以外に、腰痛体操があります。来週(11日発行)は当院のリハビリテーション外来で取り入れている腰痛体操をご紹介いたします。

 ■もりわき・みさ 日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・指導責任者。医療法人祐生会 みどりヶ丘病院(大阪府高槻市)リハビリテーション科医長。腰痛で受診されたい方は当院へ。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】